旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

今のシマノしか知らない人は、
シマノは世界一の自転車パーツメーカーで最高の製品作り!!
そんなイメージを持つ方が多いでしょう。

しかし、ベテランさんでずっとシマノの動向を見て来た人には、
「アンチシマノ派」な人が多かったりするのも事実です。

80年代、自転車関連製造(完成車・パーツ)が、
日本最盛期だった頃のシマノは他社を出し抜くために
色んな仕掛けを売って来ます。

エアロ旋風を巻き起こしたAXシリーズは過去に何度も記してきました。
たとえ商売的に失敗しても、他社に与える影響はとても大きかったのです。


イメージ 1

そして、今回紹介する「バイオペース」も
野心的シマノが発売したチェーンリングです。


人間のペダルを回す脚の力の入り加減は、
真円180℃をスムーズに回すには無駄が多い。

「一番力が入りやすい水平方向で軽く回し、その回転の勢いを利用して、
上死点・下死点をスムーズに通過させて、力の無駄をなくしたペダリング」

そんなコンセプトから開発されたのが、
楕円チェーンリングのバイオペースです!!


イメージ 2

最初はツーリング車(MTB含む)向けの
トリプルギヤから普及を目指します。

対応するクランクはPCD110、
今ではコンパクトタイプと呼ばれるショートアーム。

トリプルで見ると、それほど違和感がありませんが……。

イメージ 3

インナー、小さいサイズほど、その楕円具合がハッキリしてきます。
楕円と言われますが、平行四辺形的にも見えます。

その効果はメーカーが力説するほどの効力があったかはさておき、
チェーンリングは真円が当たり前の常識を見事に破り、
当時のサイクリストに与えたインパクトの大きさだけは大成功!!


イメージ 4

当時のニューサイクリングでも大きく取り上げられて、
色んな角度、色んな乗り手による試乗テストが行われていました。


イメージ 5

イメージ 6

食卓を囲んでの座談会とありますが、居酒屋談義的なノリです(苦笑)。
感想は人それぞれですが、概ね効力は感じるが絶賛するには至らず。

私的にはあまり興味にならず、
当時は愛車富士オリンピックのプロダイルネパターンのインナー32Tを
一刻も早くTAの26Tに交換したいと妄想するばかりの貧乏学生でした。


しかし、奇遇にもその後、知人から古いMTBを譲り受け、
これをレストアして友人に譲渡することとなります。

イメージ 7

そのARAYAマディフォックスにバイオペースが付いていたのです!!


イメージ 8

これはチャンス!!  と思いつつ、レストア調整がてら200kmほど、
ファストラン風の走りから、パスハン的な走りまで試してみました。

その感想は、自分的には力の抜け具合がグニャグニャして馴染めません。

ニューサイのレポートでもありましたが、
バイオペースをずっと(数年)使い続けて、
結果、疲れが少ないかを判断するしかない!! 

そんな感想があり、私もその意見に賛成です。

でも、複数台の愛車を所有していた場合、
愛車全てをバイオペースに替えれば問題ありませんが、
一台だけをバイオペースにした場合は、
いつまで乗り続けても違和感が残るような気もします。

シマノの野心的な思惑は失敗に終わります。
ツーリング(MTB)用途だけでなくロード用、
しかもデュラエースクラスにも
バイオペースを組み込みますが、市場からのウケは良く無かったようです。
一番好評だったのは、トライアスリートからのようでした。

発売から10年近くはカタログモデルとして残っていましたが、
結局シマノバイオペースは市場から消えて行ったのです。

しかし、現代ロード好きの方なら、今でも楕円チェーンリングは健在!!
それどころか、人気のあるパーツでもありますよね。
シマノは撤退しましたが、他社ではバイオペース進化版的な
楕円チェーリンリングを今でも造り続けているのです。

電動パーツ、アシストが増えていく中、
人間の力をもっとも発揮出来るパーツをアナログ的に造り続ける。
自転車パーツって機械的でありながらも、実に人間臭さを感じます。
だからこそ、奥深い趣味なんですよね!!

最後にこんな事を書くのも何ですが、
実は楕円チェーンリングって、70年代のジュニアスポーツからありました。
同様にディスクブレーキだって装着されています。
そんな時代の自転車に接してこれたのも、
自分の自転車趣味の大きな財産とも思っています♪

【シマノバイオペース(1984年モデル)】
アウター(PCD110)50T、48T  重量82g(48T)価格/3,500円
センター(PCD110)38T、44T  重量82g(38T)価格/3,500円
インナー(PCD74)28T  重量38g 価格/2,500円


ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット