旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

イメージ 1

デュラエースAXに始まったエアロパーツ旋風により、
ロード系パーツの大半が「ノッペリ、ツル!!」的な
味気ないデザインに変わってゆくようになりました。

それは良くも悪くもロードパーツの進化に繋がります。
対してツーリングパーツはMTBパーツに置き換わられ、
古い様式美に拘り過ぎたツーリング車は時代に取り残されます。


82年暮れの頃、イタリアの小メーカーが衝撃の製品を発表。

イメージ 2

それが「オフメガミストラル」でした。
コンポメーカーとして、変速機やクランク周りの駆動系を中心に、
ブレーキやハブまでラインナップしていたオフメガ。

しかし、どちらかというと、製品は他社のコピー製品のような品ばかり。
イタリアでの知名度は知りませんが、国内では無名に近いブランドでした。

ところが、起死回生の逆転劇!?
他社には類を見ないデザイン革命のオフメガミストラルを発表します!!

樹脂(プラスチック)を多用する事で、自由な発想を形にします。
カーボン素材がまだ一般的な時代ではなかった為、
強度的な問題はさておき、その独特な形状に注目が集まりました。


イメージ 3

特に他社製品に大きな影響を与えたのが、このチェーンホイール。
今時のロード製品に見慣れた人にはレトロに見えるでしょうが、
今から30数年前の製品としては画期的なデザインに映ります。

後にカンパにも影響を与え、Cレコードに繋がりますが、
いち早くそのデザインを似せて来たのは日本製品でした。


イメージ 4

サカエCRC-101は当時のスタンダードなデザインとオフメガを
足して割ったようなデザインに仕上げます。


イメージ 5
               一番上が初代シュパーブプロクランク(トラックレーサー用)

そして、サンツアーも初代シュパーブプロクランクに、
「アステロイドアーム」と銘打って、オフメガデザインを真似て来ました。

BBシャフト取付部から段差無く滑らかにクランクアームが延びる。
このスタイルはオフメガから始まり、現代パーツに繋がる最初の市販品。

それが商売として成功に繋がったとは言えませんでしたが、
当時を知るサイクリストたちに強烈なインパクトと記憶に残す事には大成功!!

今でも時々オークションなどで見かけるオフメガミストラルが、
高額取引されているのも頷けます。


土曜日に、モノタロウで注文してた品が届きました。

イメージ 6

以前から欲しかったデジタルカーボンノギスです。

これまでは学生時代に技術の授業で買わされた
教材ノギスを使ってましたが、
ガタは出るし、寸法文字がかすれて老眼では見難く……(汗)。

これで安心して、細かい部材チェックに対応出来そうです♪


他にRDのプーリーやバルブの変換アダプター。
仏→英アダプターは一般的ですが、
英→仏アダプターなんてものも今はあるんですね!!

最近息子と親子サイクリングによく出掛けます。
自分の自転車はシティサイクルも含めて全て仏に交換済み。

しかし、息子の自転車は英バルブ……。
仏に交換したいのですが、22インチHEサイズで、
仏バルブのチューブが見つかりません(汗)。

そこで、そんなアダプターがとても役に立つのでした♪
モノタロウ、対応早いし包装も丁寧。しかも自転車小物が充実。
これは頼もしい存在なのです!!


既にヤフブロから他サイトに移行される方が増えています。
私は5月まで引っ越しせずにヤフブロを続けますが、
お知り合いの方で完全引っ越しされた方は、
一言引っ越し先を教えて頂ければ、そちらを覗きにいかせて頂きます。
でも、5月まではヤフブロの居続ける方を優先させていただきます。
その点はご容赦ください。



ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット