旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

昨夜も街で唯一と思われる手作り居酒屋で乾杯。
ほろ酔い加減でほくほく線の最終列車をお見送りしていたところ、
けたたましいサイレンとともに救急車と消防車数台が走って行った。

てっきり何処かで急患が発生したのだと思っていたら、
それは10時間前に棚田を見ていた星峠でのクルマ転落事故だと後で知る。
夜景を撮影する為に出かけたらしいが、昼間でも険しい細路、
気軽に余所者が夜間に近づくべきではなかったのかもしれない。


●名も無き棚田に魅入られる

この日は午後から雲が広がるとの予報もあったが、
昨朝の霧景色とは違い、日の出とともに青空が広がった。

イメージ 1

身支度を済ませ、今日も8時前に出発。
クルマ通りを避ける為に急勾配ながらも菅刈集落の裏道を選ぶ。
この路は雪山と棚田を同時に見れ、予想外の絶景であった。


イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

棚田は水面の光の反射する角度によって景色を一変させる。
昨日の星峠の棚田は有名な割に今一つに感じたのも光の悪戯。
逆にこの菅刈集落の棚田は田圃が生き生きと見られる。

今日も出発から30分走った所で動けなくなってしまう。
こんな風景をじっくり眺め、カメラを向ける。
そんな時間がとても贅沢になのだ。

サイクリングのスタイルは人それぞれなれど、
風景に目もくれずに黙々とペダルを踏むような走り方は、
フィットネスジムのトレーニングマシンに乗っているのと同じ。
いつまでも自転車遊びのモチベーションは続かないであろう。

またもや出だしの5km程の道程に1時間も掛けてしまい、
頂の尾根路に出る事が出来た。


イメージ 5

人の住まう家は、たとえ家屋が古くとも温もりを感じる。
花を育てる家主のおかげで、実に美しい。
対して沿道で多く見かける廃屋の数々。


イメージ 6

限界集落などという言葉だけで片付けてはいけない、
日本の負の部分は田舎に行く程目に付いてしまう。


イメージ 7

尾根路に現れた異質なアート作品。
この地域の棚田に魅入られた外国人アーティストによるモノだ。
観光資源の乏しい一帯を華やかに演出しているはずなのだが、
それを見に来る人もクルマも少ない。


イメージ 8

本日のコースは、奥に見える黒姫山をぐるっと半時計周りに巡る。
黒姫山といっても、長野県にある有名な黒姫とは違い、
こちら「刈羽黒姫山」は891mの低山だ。


イメージ 9

イメージ 10

栃ヶ原の集落では立派な社に魅かれてペダルを止める。
かつて祭事が行なわれる度に多くの人で賑わった事であろう。
今は訪れる人が少ない様子は苔むした石畳からも容易に窺える。

山村を抜け、一旦国道252号にでるとクルマの多さと気温上昇。
今回の2日間の行程で唯一のアイス休憩で身体を休める。
それで緊張感が解れた訳ではないが、8氏が珍しくトラブル。


イメージ 11

後輪のパンクだが、彼の自転車はクイックのない内装式。
ホイールを外すのが面倒に思えたが、そこは手慣れたもの。
クイックリリースと変わらぬスピードでチューブ交換を行い無事終了。


イメージ 12

再び山域に向けてジワジワと標高を稼ぎ始める。
正面に見える黒姫山は先程とは正反対の向きで見られる。


イメージ 13

木陰の階段を見つけて今日も食堂の開店だ。
気温の上昇でカップ麺は厳しかったりもするが、懲りずに食す。


●桜の花舞う桜坂峠

「私は以前、ここの集落に住んでてねぇ」
中越地震後にも枯れなかったという湧き水を汲んでいるとき、
出会った中年女性が寂しげに話しかけて来た。

イメージ 14

「昔はたくさんの人が住んでいたけど、今は数軒の家だけ」
この集落で育った女性の言葉には諦めとともに、
今でもそこに住まう高齢者の事を気遣っていた。

県道13号線、トンネルを貫くバイパス国道の開通でクルマの往来途絶える。
しかし、そんな路だから自転車を走らすには快適だったりもする。


イメージ 15

イメージ 16

かつて主要道だった名残りの2車線路も途中から細道に変わる。
「桜坂峠」の名にふさわしく、峠付近では山桜の花が舞っていた。
切り通しの峠ではクルマが全く来ないのを良い事に地面に横たわり休憩。
木陰を通り抜ける風が心地よく、すぐに立ち去るのが惜しい。


イメージ 17

嶺集落には今時珍しい煙草屋が営業を続けていた。
屋根に上がる梯子が常備されているのが豪雪地帯らしい。
しかし、その他の店はおろか飲料自販機すら見かけない。


イメージ 18

桜坂峠を越えた後も、標高を下げる事無く低山の裾野を走り続ける。
標高差100m前後の小さな峠のようなピークを数個越える事になり、
この山域の険しい地形が直に身体で感じられる。


イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

時折現れる学校は全てが廃校となっていた。
この建物は地域のミニコミ誌的な扱いの新聞社として再利用。
どんな形であれ、人が利用する建物は簡単に朽ち果てない。
でも、この地域に再び人の姿が増える事もないだろう。

余所者の一見さんは、その風景に魅入られるが、
そこに住まうという事は大変な苦労を強いられるだろう。


イメージ 22

棚田は美しいが、それを生活の糧として住まう人があってこそ。

この先、こんな山村集落を訪ねるサイクリングは、
何年先まで出来るのだろうか。

                              〈完〉



【本日の行程】2019年5月5日
松代07:55→会沢集落(尾根路)08:45→栃ヶ原集落09:30→
折居集落(昼食)13:00→桜坂峠14:30→
大島区嶺集落15:15→松代17:45  走行距離77km(サイコン値)


GW明けには、他サイトへの移行システムが公開される予定でしたが、
案の定というか、だらしなく延期未定となってしまいましたね。
このブログ(旅からす本館)はライブドアブログに完全移行の予定ですが、
もうしばらくヤフブロの方でお付き合い下さい。
有り難い事に、この数ヶ月は訪問者が減るどころか増えています♪。



ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット