旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

GWは終わったようですが、今週いっぱい休みの人も多そうですね。

そして来週も在宅勤務で仕事再開モードに戻れない人も多いでしょう。


引越先からすぐにある幹線道、ロードに乗る人をよく見かけます。

20数年前は皆無だったんですけどね。


しかし、ロード以外の車種は殆ど見かけません。

こちらに引っ越して来てから約1ヶ月で、

ツーリング車(ランドナー)を見かけたのは1度だけです。


私もロード乗りですから、その軽快感はよく分かります。

しかし、何だか流行車種で型にハマった走り方しか出来ないの!?

そんな疑問をこの十年ぐらいずっと思い続けているのです。


以前もこのブログで疑問を投げかけた、

「何でもロード!!」

要するにツーリング的な走りでもロードな人が多い。


自転車好きなら、その走り方や自分のスタイルで車種を選ぶ。

それが未だに出来ない人が多いという事です。

もちろんベテランさんでロードが最適と感じた人は例外ですけどね。
 


 

見知らぬ土地を訪ねたい、愛車と一緒に走りたい。

30代半ばで分割ながら自転車で日本一周を終えました。

日本一周に使った愛車の車種は、

ランドナー、キャンピング、ロード、パスハンター、スポルティーフ。

その土地に適したと思われる車種を選んだ結果です。


そして今でもそれを補うというか、走った事のない地域を巡りたくて、

年に数回ですが、遠方に出向きサイクリングを楽しんでいます。


 

写真トップ

2015年のGWは相棒となる8氏と長野と静岡にまたがる秋葉街道へ。

http://butoboso0217.livedoor.blog/archives/582037.html

自転車ツーリストにとっては青崩峠のある聖域的な場所です。


 

写真1

写真2

写真3

写真4

お互いを被写体にしながら、のんびり自転車を走らす。

決して距離は欲張らず1日掛けて50~80km程度。

時には自転車を担ぎ、時には崩落して跡形の無くなった路に出逢う。

進むスピード遅い分、風景をしっかりと堪能できる。


路や風景を楽しむには歩きがベストと思っていますが、

移動距離を考えると自転車という選択肢がベストになってきます。


自転車という乗り物をどう捉えるか!?

それによっても車種の選択肢は変わって来ますが、

昔と違って、自転車で旅をする人はとても少ないです。


 

写真6

現代は道路整備がとてもよくなり、日帰りでしか走らない。

そんな人たちがロードに乗りたがるのも仕方がないでしょう。

雨の日にわざわざ乗る事もないので泥よけも要りませんしね。


その時代で自転車の流行車種も変わります。

今は中高年のフィットネスブームに乗っかりロードが流行りました。

昔ランドナーに乗っていたおじさんたちが、

自転車を再開するのにロードを選ぶ人が多いでしょう。


しかし、それがちょっと違うな!?  と気が付いた時に、

他の車種に目を向けてくれると良いなぁ。

それが私の本音なのです。



 

https://cycle.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村

ランキングに参加しています。

よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

 コメント一覧 (22)

    • 1. Kan
    • 2020年05月08日 11:06
    • さすがです、いいことおっしゃっます‼️
      なぜみんな、あんな似たような格好で似たようなバイクに乗っているのでしょうか。

      お安めのクロスバイクで自転車面白いと思い、45%引きで売ってた型遅れのシクロクロスバイクを電撃的に購入、でもフルサイズの自転車で気合いいれて走ることに嫌気がさし、ミニベロにスイッチし現在に至っている私ですが、今のミニベロは自分にあっていると思っています。ちょこちょこ手を入れ、ある意味オンリーワンなバイクと化しました。ロードバイクにはついていけませんが(笑)、でもどうでもいいです。個人的にはフラットバーシクロクロスなど興味ありますが、日本では、全く流行らないでしょうね(笑)

      人様にあれこれ言うような人間ではありませんが、もっと多様でもいい気がします。ダメかな〰️😅

    • 0
    • 2. INTER8
    • 2020年05月08日 11:08
    • お疲れ~
      何でもロードかぁ… 俺は何でもリカンベントになりつつあるけど (^^;
      ロードは万能じゃないけど、俺のリカンベントは万能なんだよね。ファストランからポタリングまで楽しい。
      ロードレースって競技時間を見ると半日くらいなんだよね。だからツーリングとして丸一日走るにはポジションが厳しい。ロードでブルべやっている人も多いけど、上半身の凝りや手のひらへのダメージがかなりあるんじゃないのかな。以前パリ-ブレスト-パリへ出場した人のブログを見たら、終わってから一ヶ月くらい手の痺れが収まらなかったらしい。
      ロードブームの次はリカンベントってことで (^^)
    • 0
    • 3. TAKOぼん
    • 2020年05月08日 12:24
    • こんにちは
      なんでも ランドナーな私が言うのはなんだけれど・・・
      なんでもロード 初心者ならわかるけれど 
      テントに寝袋 凄い荷物積んでるロード 不安定で怖くないのかな?
      河川敷しか走らない 凄い格好のローディ  そろそろ 一般道も走ってみたら? ってか レースに出ればいいのに! 

      ロードに乗り馴れると ランドナーは 糞かったるい そうです。
      たしかに どよ~~んとした 重さは感じます。
      グラベルロードまで出現しているので ダートでも ロードが当たり前な時代なのかもしれません。 でも 遊びは 自分で見つける物 ジャンルからえらんでばかりいませんか? 初心者卒業したら もっと自分に合った走りを見つけて欲しいものですね!
    • 0
    • 4. チャイ爺
    • 2020年05月08日 13:34
    • KYな投稿を一つ
      私は鉄道愛好家ではありませんが、印象に残っている鉄道の一つが「木曽森林鉄道」です。
      大学で長野県王滝村の調査と御嶽山登山が目的で、現役の森林鉄道に乗る事が出来ました。無がい車の後ろ、客車の一部には床屋さんの車両が、椅子と鏡を固定して営業してました。(先日のNHKの番組で先取りされてましたね!)
      購入した切符の裏には、「命の保証はしない」旨印刷されてました。
      王滝村の帰り、中央西線「木曽福島駅」にはSLが停車してました。ホームが熱かったです。懐かしい記憶、1970年(昭和45年)頃のお話でした!
      私の本籍は長野県木曽郡上松町です。が長野県に住んだ事はありません。横浜生まれです。
    • 0
    • 5. マーベリック
    • 2020年05月08日 15:18
    • 2月から4連泊でホテルを予約しておいたのですが緊急事態宣言が出た4月7日にキャンセルいたしました。
      YAMAPでも関東圏はほとんど登山記録が上がってませんし「外出自粛おうち登山キャンペーン」なんて張っているくらいですからね(笑) 代表の春山慶彦さんはコロナによって業況に対する影響がかなり出ているのにそれでもサイトで登山を控える事を呼びかけなければならないのはさぞかし複雑な思いでしょうね。
       一定期間在宅することは我慢できても解除の条件を政府なり都道府県に示してもらはないとモチベーションが保てませんね。
    • 0
    • 6. 完覇!超記録!!
    • 2020年05月08日 15:18
    • こんにちは!
      このGWはコチラでもロードで走ってる人を大勢見かけましたヨ~
      屋外の運動は良しとされてますが、平時と変わりなくかなり密集して走ってるグループもあり「それ大丈夫?」と言いたくなりました(汗)

      何でもロード!!
      常々思う事ですが、作る側、売る側の都合ってのが大きいんですよネ・・・
      ユーザーの用途に応じて適切な車種を選べるのなら、こう言う状況にはならなかったでしょうネ!
      本来多様である筈の趣味の自転車が、利益優先の販売戦略で志向を狭められたのが今回のブームであると思っています~

      私がスポーツ車にハマった40年前から、ロード主体のショップもありましたが、大方が多様な車種を選べたと思いますし、メーカー車でもロード、スポルティフ、ランドナー、レディスと多彩な車種展開は当たり前でしたよネ!
      今は違うのか?と問われれば、今でも同じくカタログ上は多彩な車種を展開するメーカーもあります!
      でも、欲しいと思っても中々現物に出会えず、売り手の都合で意思を操作されてしまう風潮が無きにしもあらず~
      PL法と利益の優先がショップの立ち位置を変えたと言えば元も子もありませんが、趣味の自転車ぐらいはユーザーの想いを尊重して欲しいなってのが私の考えです!!
    • 0
    • 7. oryzasativa
    • 2020年05月08日 18:56
    • こんばんは

      競技者はともかく
      趣味の自転車は
      楽しく走ってなんぼだと思います。

      雑誌やショップによる
      刷り込み(プロパガンダ(笑))が効きすぎて「ロードに乗るときは
      服装もビシッときめなきゃ!」的な図式に
      なっちゃっている感じがします。
      敷居が高いんですよね。

      商業主義の呪縛から逃れるには
      走る面白さに気付くしかないでしょうね。
      「業界の売上拡大に貢献せんかい!」と
      怒られそうですけど(汗)

    • 0
    • 8. 釣り人
    • 2020年05月08日 19:37
    • なんでもロードの事始め、実は80年頃からあります。
      荷物積むのが制限されるので、どうかな?と思いました。
      チューブラータイヤ全盛期でもあったのでパンクの恐怖もありますしね。
      26×1・3/8タイヤ、チューブが地方でも入手し易いので便利だと思います。
    • 0
    • 9. おかけ
    • 2020年05月08日 23:41
    • 僕は最近はもっぱらブロンプトンです。
      ギア比は落とせる限界がありますが、適当なダート、荷物の積載、なんかがランドナーに似た空気を感じるので。後はやはり公共交通機関との組み合わせで右に出るものがないからですね。
      追伸 ランドナーは先日フレームを入手し、少しずつパーツを組み込んでます。
    • 0
    • 10. butoboso
    • 2020年05月09日 11:12
    • ★Kanさんへ
      おはようございます。
      40年以上自転車趣味を続けていますので、色んな車種のブームを体験していますが、今が一番低レベルなブームになってしまったと思っていますよ。元々競技用だった車種の敷居を下げてサイクリング車として売ってしまった。結果スピードコントロールも満足に出来ずに事故を起こす人が増えた。Kanさんもその被害者になってしまいましたよね。
      80年代のオートバイブームとよく似ているんです。あの当時、必要も無いパワーのレーサーレプリカが飛ぶように売れて、結果事故が多発しましたよね。その時の方達が、今中高年になって自転車で同じような事をやってしまっている。困ったものです……。
    • 0
    • 11. butoboso
    • 2020年05月09日 11:19
    • ★INTER8殿
      昨日はお疲れ〜。
      これからは少しずつあんな機会が増えていきそうだね♪
      今日は朝から不動産会社の打合せでローン残高の計算とかで頭使って頭痛が(苦笑)。

      何だろうね!? 好きで始めた趣味なのに、周りに合わせたり流されたりする人が多過ぎる。群れたい心理なのかなぁ?
      他人にどう思われようが、自分のスタイルで遊んでいた方が楽しいよね。趣味なんて自己満足の世界観な訳だし。ロードに限らず、ツーリング車の世界でも枠にハマっているだけの人は中身が薄っぺらなんだよね……。
    • 0
    • 12. butoboso
    • 2020年05月09日 11:27
    • ★TAKOぼんさんへ
      おはようございます。
      経験重ねて自分のスタイル出来上がっている人は、どんな車種に乗ろうが自転車楽しい!! って雰囲気がとても伝わって来ますよね♪
      近所の河川敷を走る機会が増えましたが、空気の読めないロード乗りが多いです。
      そんな自転車でこんな場所を高速で走るな!! と思いますよ。同じサイクリストとして、他人を不快に思わせる行為は謹んでほしいのです。

      軽い、速いと思わせるロードに乗ってしまうと、他の車種が重たいのは当たり前。同じ土俵で比較する時点で、自転車好きではなく、ロードだけが好き!! な証拠でしょうね。
    • 0
    • 13. butoboso
    • 2020年05月09日 11:35
    • ★チャイ爺さんへ
      おはようございます。
      私も結婚するまでは住んだ事の無い山梨県北巨摩郡が本籍でした(苦笑)。

      5年前に木曽を訪ねた時に王滝村に向かう森林鉄道の廃線跡を多数見かけました。
      地震による地滑りで地域環境も随分変わってしまったようですが、サイクリストにも愛された地域でもありましたね。
      木曽福島駅のSLはまだ健在ですね。初めてこの土地を訪ねたのは17歳の夏(昭和57年)でしたが、その時の印象も暑かった!! です。でも、夜は涼しく、都会と比べると過ごしやすいなぁとも感じましたよ。
    • 0
    • 14. butoboso
    • 2020年05月09日 11:43
    • ★マーベリックさんへ
      おはようございます。
      登山自粛、最初は人の少ないところに出掛ける分には問題ないと思いましたが、自粛願いを出さなければ、何処の山も人が増えていたでしょうね。
      日本人はこんな状況でも大多数の方は真面目に要請に応じていると思います。
      だからこそ、政府は地方自治体の裁量ばかりに頼らず、もっと資金面での援助を素早い対応で行って欲しいですよね。
      昨日は、近所の里山に出掛けましたが、そんな場所近くの公園でさえ立ち入り禁止の場所がありました。私からすれば近所の駐車場を閉鎖すべきだろうと思いましたよ(苦笑)。
    • 0
    • 15. butoboso
    • 2020年05月09日 11:50
    • ★完覇!超記録!!さんへ
      おはようございます。
      ランナーとロード乗りの姿が自粛要請後からは一気に増えましたね。
      人の少ない場所を走るならまだしも、河川敷に大挙しているのを見ると呆れてしまいます。もっと人の少ない場所を選んで走れば良いのに、と思うのです。

      素人が簡単に10万以上のホイールに手を出す。ショップ側からすれば旨味のあるロードブームですもんね。町の自転車屋が1000円前後でパンク修理して稼いでいるのとは実に対照的。私からすれば騙し商売に思えてしまいますよ。
      昔は自転車購入層は若者でしたから、大人買いはできませんし、アフターとしての高額商品販売も見込めません。でも、そんな時代のショップやメーカーには良心がありましたよね!!
    • 0
    • 16. butoboso
    • 2020年05月09日 12:00
    • ★oryzasativaさんへ
      おはようございます。
      走る楽しさの感覚は人それぞれだとしても、今の偏った自転車ブームはおかしいですよね。それも下降線を辿っていますから、業界は必死にロードの派生種や電動を次世代自転車として宣伝ばかりする。その広告塔が雑誌やショップでは……。

      ロードもツーリングも、今の中高年が乗れなくなったら業界も縮小の一方でしょうね。
      MTBブームの頃から明らかに自転車業界はおかしくなったと思いますよ。
      自転車乗るのに一々武装なんて面倒くさい!! 日常生活の移動でも自転車がメインになったので、尚更そんな気持ちが強くなって来ましたよ(苦笑)。
    • 0
    • 17. butoboso
    • 2020年05月09日 12:06
    • ★釣り人さんへ
      おはようございます。
      忘れられないのが、80年代半ば頃にロードキャンピングなる車種が出た事です。
      今の何でもロードの先がけだったかもしれませんね。
      自転車旅やツーリングって決して速さが求められるものではないのに、当時から軽快感を売りにしていましたよね。私は対極のパスハンターに目を奪われていたので、興味があまり持てませんでしたが(苦笑)。
      チューブラーでツーリングしようとすると、予備タイヤが3本あっても不安でしたよ!!
    • 0
    • 18. butoboso
    • 2020年05月09日 12:13
    • ★おかけさんへ
      おはようございます。
      私もミニベロは現代のランドナー的な立ち位置だと思っていますよ。
      もちろん、昔のようにランドナーが小旅行車扱いだった時なら違いますけど、現代のランドナーの立ち位置はすっかりポタリング車的になってきましたしね。
      プロンプトン、ちょっと興味を持っています。素早く輪行できてコンパクトなので電車移動を要する今の住まいでの新営業車として良いなぁと思っているのです。
      でも、もう台数は増やせないかなぁ(汗)。
    • 0
    • 19. nobu^o^♪
    • 2020年05月09日 19:22
    • butobosoさん お疲れ様です🍺
      先日、公園でアラヤのスワローランドナーに乗ったおじさんがいました
      話しかけてみると ロードバイクから入った様子
      その後、ロードがだんだん面倒になり 気楽なランドナーとミニベロを好んで乗っているそうです🎵
      このおじさんのように中高年でロードバイクから入り 何かおかしいぞ???と気付かずそのまんまの人が多いですが このおじさんは、おかしい事に気づき素晴らしいと思いました
      普段、そこらへんを走るならミニベロやランドナーが気楽だし楽しいです🎵
      そのおじさんのフロントバッグからかしわ餅が出て来て…
      新たな楽しみを見つけたようです
      そんな私も趣味の自転車5代目が完成しました ロード、クロカンばかりでランドナーは、初めて組みましたが 乗り味は、スポルティーフで軽快です
    • 0
    • 20. butoboso
    • 2020年05月09日 19:32
    • ★nobu^o^♪さんへ
      ランドナーの完成おめでとうございます。
      細めのタイヤを選択したのは正解だったようですね♪
      余程の悪路に入らない限り32前後の太さがあれば充分だと思いますよ。

      高価なロードホイール1セット分あればスワローが買えちゃいますよね。
      そういう事に気が付く人が増えて欲しいです。ロードじゃ荷物は詰めませんから、結果ザック背負っている人が多いですが、せっかくのロードがスマートに見えませんよね。
      荷物積んで走れるのんびり自転車走らす楽しさをもっと知って欲しいです。
    • 0
    • 21. pekesuke
    • 2020年05月10日 00:11
    • 秋葉海道?
      秋葉街道のことでしょうか。
      塩尻から仲間数人で走った時は、武田信玄が切り開いた道・・・「信玄は遠江・三河を攻略するために軍を三方に分け、自身は小川路峠から青崩峠を越えて天野氏の犬居城に入った。」などということを調べて、信玄が越えた道青崩れを越えましょうの計画を立てる。
      道路の状況を調べ非舗装のためチューブラー不可、担ぎあり。
      と情報を流して集まった仲間は全員ランドナー。
      朝霧高原を走った時は、100%舗装路でチューブラーOKですの情報で集まった仲間はチューブラーと700×28CのWOが半々。
      昔は、こんな感じで車種を選んでました。
      当時は、細いタイヤのスポルティーフかロードレーサー。太いタイヤのランドナーは大体の人か準備していました。
    • 0
    • 22. butoboso
    • 2020年05月10日 08:28
    • ★pekesukeさんへ
      おはようございます。
      失礼しました、変換ミスです(汗)。

      青崩峠、戦国時代の歴史ある路ですよね。そして、昔からサイクリストに愛された峠でもありますし。でも、あの山サイ感覚の路をみなさんよく越えていたと思います!!
      たぶんpekesukeさんが越えられた時の方が静岡側の舗装路は綺麗だったと思います。今は荒れ放題でしたから……でも、静岡側は林道が直下まで延びていたので苦労は無かったです。

      私の居た小さなツーリングクラブでもロードの人も混ざっていましたよ。ランドナー全盛に思えても、我が道を行く的に非ツーリング車の人も居ましたよね。8氏も最初はロードでしたし!!
    • 0
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット