旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

 ロード、ツーリング、ジャンル問わず自転車という乗り物に惚れ込んでいる。

 だから学生時代から自転車趣味が一度も途切れず、飽きる事もない。



 どんな車種でも等しく、乗っている時が楽しい。

 部品フェチでもあるが、基本はやっぱり乗って、走らせて楽しむが一番。


 必然的に色んな場所を走る為に車種が増えてしまったので、

 特定の車種に偏った愛車増にはならないで済んでいる(現在8台)。


 同じ風景、場所でも天候や車種によって見え方、感じ方は変わる。

 自転車趣味も十人十色、でも流行に流されているだけではNG。

 自分の遊び方を見出せなければ、どんな趣味でも長続きはしないはず。
 

 

 自転車を走らす上で、避けて通れないのが峠路。

 クルマやオートバイでは、ただの通過点だが、

 サイクリストにとっての峠は特別の場所だったりする。
 

写真3


 ロードでもツーリストでも峠で一息付く人は多いはず。

 他の乗り物には見捨てられてしまったような峠にも、

 自転車なら今でも辿り着くことが出来る。
 

写真1

                           嶺方峠(長野県)


写真5

                            唐沢峠(福島県)


写真4

                            青崩峠(静岡県)


写真6

                            八丁峠(埼玉県)


写真2

                            姥神峠(長野県


 今の自転車趣味人の若かった頃、

 こんな峠路を好んで出掛けた人も多かったはず。

 それはスピードや距離に捕われない自転車との接し方。
 

写真7

 自転車趣味の奥深さは無限のように感じるのは、

 私だけではないはずだ。



【当ブログからのお願い】

これまで続けて来たヤフーブログとは違い、

ライブドアでは訪問者の足跡が残りません。

また、せっかくコメントを頂いても、その方のブログに訪問する事も出来ず。

分かる方のリンク先は登録させていただきましたが、

大半の方が不明な状況です。

ご面倒でもコメント時に新しいブログ先を教えていただれば、

追加登録して、定期的に訪問させていただきます。



自転車旅や鉄道旅、旅全般は別館サイトで掲載中です。

お時間の許す方は、下記のサイトをご覧ください。

https://butoboso.blog.fc2.com/?index&share=44537



https://cycle.blogmura.com/ranking.html
にほんブログ村

ランキングに参加しています。

よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

 コメント一覧 (12)

    • 1. 釣り人
    • 2019年06月20日 19:14
    • こんばんは。
      峠越えと言う言い回しはサイクリストだけで、オートバイでのツーリングでは言わないと「河っちさん」から以前聞きました。

      モノクロ画像で峠の写真、とても良い雰囲気ですね。

      嶺方峠(長野県)、たしかトンネル内部から雪山が望める場所ですよね?ラン補・だいすけさんHPで見た記憶あります。

      最近、どこかへ行きたくてウズウズしています。
    • 0
    • 2. butoboso
    • 2019年06月20日 19:41
    • ★釣り人さんへ
      ただ今汗だくになって10kmランニングから帰宅しました(汗)。

      確かにライダーは峠攻めする人は昔多かったですが、峠越えという表現はあまり使わないです。元サイクリストでオフ車乗りの人が使うぐらいですね。
      峰方峠はサイクリストには有名どころですが、本当の名称は違う名だったりします。旅するサイクリストなら一度は訪ねたい場所のひとつだと思いますよ♪
    • 0
    • 3. おかけ
    • 2019年06月20日 22:02
    • こんばんは。
      今回のご投稿のような様々な素晴らしい自転車の楽しさは中々浸透していません。先輩方からすればやれ、カーボンだ、やれロードバイクだばかりで近頃の若いもんは、、と仰る方が多いですが、僕は仕方ないと思います。何故なら知らないからです。
      このようなインターネット社会で何を、と思われるかもしれませんが、米国のトランプ陣営が選挙戦で用いた様にSNS上で人々は結局自身に同調するような意見や情報ばかりを無意識に選択、取り込み、自身の立場や考えをより強固にする事が判明しているからです。ですから現代の自転車業界が作り出した速度至上主義や最先端機材、どんな時でもピチピチレーパンなどの文化から自転車の世界に入った人々は何かきっかけが無い限り脱する事が出来ません。
      二項対立の相手を批判するばかりの考えでは全く前に進まず、より混迷を極めます。僕はただの毛が生えたサイクリストですが、僕に出来る事は出来るだけ現代的な自転車にも歩み寄り、現代の自転車でも出来る事がないか、そういった事を一緒に模索していけたらと考えています。例えばシクロクロスなんかは峠越えでもちょうど良いと思うのです。そして業界の責務はそのような様々な自転車文化をもっともっと発信してい行くことだと思います。YouTubeでも有名な自転車ユーチューバアーなどが居ますが、発信内容はまだまだ業界に忖度した発信ばかりです。これからもっともっと互いの交流が盛んになる事を切に願っています。
    • 0
    • 4. おかけ
    • 2019年06月20日 22:04
    • 先ほどのコメントですが、自身の趣向は大切にする前提です。
      僕にも僕なりの自転車に対する情熱や愛があるのと同じ様に皆さん自分自身のお考えがあると思うので、その上でなんとかしていこうという意向です。またbutubosoさんに対する非難中傷の意図は全くございません事を重ねて強調させて頂きます。
    • 0
    • 5. butoboso
    • 2019年06月21日 01:17
    • 走って楽しめれば
      ママチャリでもカーボンでもクロモリでも
      何でもいいと思います。

      ただ、メカトラブルに対処できる自信がないと
      怖くて遠出できないですから、
      「自車のメンテナンス、メカいじり」と「遠出を楽しむ」はセットでしょうね。

      ランドナー全盛期と異なり、今はこの2つが抜け落ちているから、峠越えを楽しむ(苦しむ?)ところまで行かないのかな?と思います。
    • 0
      • 6. おかけ
      • 2019年06月21日 08:34
      • >>5
        確かに仰るとおりですね。僕はツーリングでは丈夫さを重視するのでやはり未だにクロモリを選択しています。しかし、逆に言えば折りたたみでくるっと回るような走り方は軽い素材だと嬉しいなと思ってますが、まだオールドダホンの激重自転車を使ってます。
        メカトラトラブルについてですが、やはり最低限フレームとパーツを与えられて自転車一台を組める程度の知識と経験は必要ですね。その点完成車でしか購入しないと中々伸びしろ?が無いを思います。
      • 0
    • 7. TAKOぼん
    • 2019年06月21日 09:20
    • こんにちは
      名もなき峠にも 昔のひとの歩いて形跡があると それだけでも感慨にふけることがあります。難所の峠ならなおさらですね。
      旅の楽しみとして サイクリストは 峠をめざしました。
      地形の凸部に到着するというのは それだけで目標となりますからね~自転車は! そのあとのダウンヒルは ご褒美なのです。

      ロードでもマウンテンバイクでも 構わないのですけれど・・・
      旅の要素がすくない スポーツサイクルには 峠なんて だだの通過点なんて感じです。車やバイクに近いのかもしれません。 
      歴史ある激坂もただの競技場や練習コースって感じです。

    • 0
    • 8. butoboso
    • 2019年06月21日 09:28
    • ★おかけさんへ
      若者はどんな形であれ、自転車を趣味の乗り物として認知してもらえれば御の字だと私は思っているんですよ。だから、ランドナーに乗りなさい!! なんて決して思っていません。
      ダイエットきっかけでロードに乗り始めた中高年共々、自転車遊びはロードだけじゃなく、多岐に渡る事に気が付いてほしいだけです。その上でロードが一番!! と思ってくれるなら、それで良いのです。
      ただ、そのきっかけを本来はショップであり、雑誌・メディアがしなければいけないのにしない事がもどかしいし腹立たしくもあるのです。

      今のランドナーおじさんたちだって、若い頃はそれがサイクリング車のスタンダードだったから乗り続けているし好きなだけであって、乗りもしない、その世界の人たちを知らずに、ロード嫌いでは良くないですよね。

      まぁ、そんな個人の拘りや縛りも他人が否定する事は出来ないですけどね(苦笑)。
    • 0
    • 9. butoboso
    • 2019年06月21日 09:43
    • ★5番のコメントさんへ
      すみません、こちらはまだ不慣れでブログコメント欄の名前に自動的にbutobosoが入り込んでしまっていました。コメント欄に投稿者名を打ち込まないとbutoboso名で投稿されてしまいます(汗)。
      設定、変更し、投稿者名を空白にしました。次回からはご面倒でも投稿者名の記入をお願い致します。

      私も同じ感覚です。車種は何でもいいのです。走る楽しさを知ってもらえれば、そこから必然と自分の走りに合わせた車種が欲しくなって来るはずですから。
      旅やツーリングに関しては、出先でトラブルを解決できる。そして、トラブルに合い難い車種を選択する。そうなっていくと必然的にロードは選択から外れていくはず……なのですが、雑誌では悪路走行も自転車旅もロードに乗せようとする悪巧みと経験の低さ。それが今の偏った自転車ブームを生んでしまっていますよね(悲)。
    • 0
      • 11. oryzasativa
      • 2019年06月21日 10:03
      • >>9
        うっかりしていました。
        5は ワタシ
        oryzasativa でした。

        夕べは広島市内
        taboomさんとお好み焼き屋に行き
        「部品を肴に酒が呑める」という話をしていたら、隣の常連さんに引かれました(苦笑)
      • 0
    • 10. butoboso
    • 2019年06月21日 09:53
    • ★TAKOぼんさんへ
      やっぱりクルマの入らない峠を目指すようなサイクルツーリストは文化系ですよね。今のロード乗りの大半は体育会系でしょう。
      昔からの自転車文化なんてものは、今の体育会系サイクリストにはどうでもいいのでしょうが、それでは飽きてしまうのも早いでしょうね。

      同じ山岳路でも、歩きの登山だと峠(頂)についても下りの楽しみどころか更に気をつかいます。しかし、自転車の場合は苦労したご褒美が下りにありますよね♪
    • 0
    • 12. butoboso
    • 2019年06月21日 10:16
    • ★oryzasativaさんへ
      こちらこそ不慣れで申し訳ありません!!
      設定は先程空白に変更しました。
      ライブドアはコメントやりとりはちょっと面倒ですね(汗)。

      広島でtaboomさんと飲みましたか!! 良いなぁ。乱入したかったです(笑)。
      趣味のコアな世界なんて興味の無い人には異常な世界観ですから仕方がないです。テツな人たちはもっとおかしな連中いっぱいですから!! パーツフェチは自転車趣味の王道です♪
    • 0
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット