旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

白馬、それを連想させるのは長野県白馬村。

白馬3

北アルプスと水田の景色、道祖神の宝庫でもあり、その美しい風景は

自身にとって思い入れのある場所だったりもするのです。



そんな「白馬」を名乗る自転車製作所がかつては身近にあったようです。

白馬1

白馬製作所

1974年の自転車雑誌にその製作所の広告が見られました。


町田市森野といえば、フジサイクルの工場もあった場所です。

そして、町田と言えば今野製作所=ケルビムもあります。


1974年といえば、まだオーダー車どころか市販スポーツサイクルにさえ

手が出せなかった頃でしたので、白馬製作所なんて知りませんでした。


広告を見ると本格的なツーリング車のフレーム製作を請けながら、

フレーム部材も作っていたようです。


自身の持つ情報と資料には、この白馬製作所の記載はなし。

ネットで調べても全くヒットしませんでした。

私より10歳以上のベテランの方なら記憶のある人も居そうですね。


一つ情報源になりそうなのは、

山口ベニックスのフレームを単体販売しますの文言があること。

もしかしたらべニックスのフレーム製作を請け負っていたのでは!?

そんな憶測を勝手に持ってしまいます。



こちらは知っている方も多いでしょうが、

三連勝のシクロウネは、昔はケルビムサイクルを名乗っていました。

もちろんケルビムフレームの今野製作所とは別です。


白馬2

今ではシクロウネすら消えてしまいましたが、

今野製作所とケルビムはもちろん健在です。

伝説になりつつある今野6兄弟の血統は今も受け継がれていますね。




白馬4

ウチの引退したケルビムフレームは先代が製作したもの。

中古で購入したものなのでサイズに無理がありましたが、

ロードレースのイロハを学ぶことが出来ました。



ベテランツーリング車乗りには既報ですが、

サイクルストアーヒロセの主人が亡くなられました。


白馬5

昭和の時代から続く名ビルダーがまた一人旅立ちました。

高齢を理由に廃業するビルダーさんも見られます。


今は昔と違って工房で若者が修行する時代でもありませんし、

ビルダー側にも次世代を育てる余裕がありません。

東京サイクルデザイン専門学校の卒業生たちが、

この分野にどれだけ入ってこれるかが

今後のオーダーフレーム の鍵になるかもしれませんね。




https://cycle.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村

ランキングに参加しています。

よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

 コメント一覧 (26)

    • 1. 輪行菩薩
    • 2020年09月14日 10:32
    • こんにちは。
      フレームビルダーの高齢化そしてオーダー車の激減は避けられないですね。
      ヒロセさんの存在もツーリストにとっては大きかったですね。ご冥福をお祈り致します。
      フレームビルダーで食べていくには難しい時代に突入しました。
      フレームをオーダーする意味合いが分からないようになってしまいましたね。
      メイドインジャパンを何とか守っていきたい、そう思うサイクリストも少なくなってしまったのでしょうか。
    • 0
    • 2. マーベリック
    • 2020年09月14日 11:07
    • 私のような素人が口を挟むのもおこがましいのですがビルダー方々のイメージって毎日小屋の中に入ってガスバーナー片手にコツコツ組み立てるイメージ。。。
      少々売れても商売として費用対効果を考えたら全く合わないような仕事にしか見えません(失礼)
      余程、お好きで頑固な方でないと出来ないでしょうね

      先日、オリンピックにロードレースで出場する選手の自転車が530万円と聞いてビックリ、新車のハブリッドクラウンが買えちゃいますね(笑)
    • 0
    • 3. 完覇!超記録!!
    • 2020年09月14日 11:07
    • こんにちは!
      私も74年には自転車をフレームからオーダーメイドする何て事を全く知りませんでしたネ~
      フレーム工房、サイクルショップも世代交代が出来ず廃業って話を聞くと悲しくなりますネ・・・

      コチラにも知る人ぞ知る!モデルサイクルって言う工房が在りました!!
      (JR神戸線の灘駅近くで電車から看板が見えてました)
      古いサイスポ誌に毎号必ず掲載されていた「作ります走ります・・・」ってオーダーシートまで付いてたあのショップのオーダーフレームを手掛けていたそうです!!

      そんな事実を永らく知らずに来ましたが、震災の少し前に関西ローカルのTVに取り上げられ偉大な工房と分かりビックリ!

      一度訪ねてみたいと思うも、直後の大惨事のため叶う事はありませんでした・・・
    • 0
    • 4. 釣り人
    • 2020年09月14日 11:07
    • 白馬製作所の件ですが、Fcycle会議室、ヤフブロ自転車ブロガーさんの方から昔聞きました。

      但し、1979年にはすでに森野には存在していませんでした。何時頃まであったか不明です。
      クロモリ鋼フレームのビルダーさん、今後は減少していく事は仕方ない事ですが、寂しいですよね。
    • 0
    • 5. チャイ爺
    • 2020年09月14日 12:35
    • お疲れ様です。
      「白馬」は初めて聞くメーカー名ですね。広告写真の巻きステイは素敵です。好きです。私の「ホルクス 」は巻きステイではありません。
      それにしても、「アルプス」「フジ」「アイガー」「白馬」等、メーカーオーナー始め自転車愛好家の方々は、登り坂が好きな方々が多いんですかね?(失礼!)

      私の昔の後輩は「たかだフレンド」でイタリア車を購入したかもです。町田市金森から原町田1丁目は近いですね。「たかだフレンド」は30年位前は営業してたんですかね?今のオーナーさんは40才代?でお若いですけどね。代替わりされてる?
    • 0
    • 6. INTER8
    • 2020年09月14日 13:10
    • お疲れ~
      白馬はまったく記憶にないなぁ。CHERUBIMのロゴ(左右にアンダーバーがある感じのやつ)は先日お店で見たよ。新しいロゴを作ったのかと思ったら、昔にあったものだったんだね。
      今後のフレームビルダーは競輪用を主に商売するようにしないと難しいだろうね。CHERUBIMはそういう意味では会社としていい方向性だと思う。NJS持ってるし、従業員を雇ってるし、のれん分けできるだろうね。ただ、色んなフレームを作った経験が無いと、個人的な形の要求に応えられないからね。
      今はアメリカの方がランドナー熱が高まっているし、ビルダーもTOEI等を入手して工作の研究も盛ん。ツーリング用のフレームはアメリカのものを買うことになるかもね。
    • 0
    • 7. Kan
    • 2020年09月14日 20:23
    • 白馬、よくキャンプに行きました。
      時間があれば、また家族と犬たちと一緒に遊びに行きたいところです。
      オーダーフレーム、極めればワンオフが良いのでしょうね。求めるかたが求められるものを供給できる方の存在は大切ですね。
    • 0
    • 8. えなめい
    • 2020年09月14日 22:31
    • 白馬製作所、70年代のサイスポに広告を出していましたね。
      規模は知りませんが、全面広告を頻繁に出していたのを覚えています。
      広告のラグレスフレームではなくオリジナルらしき特徴のあるラグが印象に残っています。
      それにしても「ベニックスのフレーム売ります」って「そんなのあり?」って感じてしまいますが、大らかな時代だったのでしょうか・・・?

    • 0
    • 9. butoboso
    • 2020年09月15日 08:22
    • ★輪行菩薩さんへ
      おはようございます。
      何処で作られたのかも分からない、作り手の顔の見えないサイクリング車に乗って満足している人が増えましたよね。ブランド=製作所ではなくなってしまったことにも気がつかないのでしょうね。そんな人たちはメイドインジャパンなんて事も関係ないのでしょう。
      たぶん今時の中高年サイクリストの大半は、クルマやオートバイを買うような感覚で自転車を買っているのでしょう。だからメンテもショップお任せですしね。
      クロモリオーダーを復権させるには、ロードブームに便乗するのが良かったはずですが、すでにそのブームも下降線。新たにオーダーの世界観に魅入られる人は今後はジリ貧でしょう(悲)。
    • 0
    • 10. butoboso
    • 2020年09月15日 08:30
    • ★マーベリックさんへ
      おはようございます。
      ようやく涼しくなってきましたね。山歩きにも良い季節になりましたが天気が安定しないですよね…。
      派手なショールームを持つ工房は日本全国に数店だけですね。多くはマーベリックさんのイメージ通りです。1本20万前後、月産どれほどか分かりませんが、そこに家賃他経費が掛かるわけですから大変ですよね。自転車に限らず職人気質な仕事の人たちは儲けたい意識は低いと思います。私も似たような感覚ですから(苦笑)。

      競輪競技で530万は絶対ありえませんが、オリンピックやヨーロッパレースの機材は青天井でしょう。F1的な立ち位置ですしね。
    • 0
    • 11. butoboso
    • 2020年09月15日 08:37
    • ★完覇!超記録!!さんへ
      おはようございます。
      私らの年代だとその存在すら知らなかったですよね。知っている方は60代半ば以上の方達でしょう。
      74年頃はまだビルダーそのものも少なかったようで、80年代の最盛期を知る者としては意外にも思えました。まだオーダー車にもハイテンが多かった頃ですし、良質なフレーム部材も少なかった事でしょう。関西ではすでにZUNOWがあったんですね。てっきりこちらも80年代だと思ってました。

      作ります走りますの広告覚えていますよ、というか、読み返しているサイスポにあります。モデルサイクルは知りませんが、そちらが供給元でしたか!! ビルダーさんて営業はあまり得意ではなさそうですから、多くのショップを通して扱うケースが多かったですよね。
    • 0
    • 12. butoboso
    • 2020年09月15日 08:44
    • ★釣り人さんへ
      おはようございます。
      場所柄、フジやケルビムの下請けもしていたのかな!? と思いましたけど、山口ベニーとの繋がりの方だったように私的に思っていますよ。
      Fサイクル内でも詳細を知る人は居ませんか…。当時これだけ大きな広告を出しているので当時のフレーム車に乗る人だってまだ居そうなんですけどね。広告はその後掲載されなくなったようですから移転か廃業されたものと思われます。
      フレーム工作を見る限り、当時としてはかなり高水準なフレームを作られて居たようなのでその詳細を知りたかったのですが、謎の製作所で終わってしまいそうですね。
    • 0
    • 13. butoboso
    • 2020年09月15日 08:50
    • ★チャイ爺さんへ
      おはようございます。
      ツーリング系サイクリストは山好きが多いですから、必然的にブランド名も山関連が増えたのでしょうね。巻きステーはツーリングフレームの感覚ですが、私のケルビムロードは巻きステーです。こればかりは作り手の好みもあったのでしょうね。

      たかだフレンドは87年だか88年にはオープンしています。町田では本格的なロードショップはここだけですね。今のオーナーさんは知りませんが先代とは違うようですね。
      代替えされたんだと思いますよ。イトイも末期は二代目でしたから。べロウは残念ながら後継は居なかったようです。
    • 0
    • 14. butoboso
    • 2020年09月15日 08:57
    • ★INTER8殿
      おはよう。少し体調不良気味だったけどようやく回復してきたよ。
      アンダーバー付きのロゴはいかにも昔のセンス。初代の頃に使われて居たようだね。
      競輪も縮小されてるけど、無くなることはないからNJS公認の工房は生き残れるよね。ただこちらも後継ぎ問題だろうね。この業界に関しては専門学校卒業生では無理があるしね。ケルビムやTOEIのような次世代を育てられる工房は貴重だね。ただ、TOEIはこのままでは危ういよね。

      アメリカのツーリング車ブームは10年ぐらい前から知ってたけどまだ続いてるのかな!?
      世界最大規模になった台湾のショーでもツーリング車の展示はアメリカ製になってるよね。少数ロッドのパーツも台湾と連携して作ってるみたいだし。
    • 0
    • 15. butoboso
    • 2020年09月15日 09:05
    • ★Kanさんへ
      おはようございます。
      白馬でキャンプ!! いいですねぇ。山は綺麗で水も綺麗。四季を通じて景色の素晴らしい場所ですよね。秋の紅葉見に行きたいなぁ。

      昔の趣味のミニベロはオーダーフレーム の選択しか無かったんです。今は色んなメーカーが多種を販売しているからオーダーの意味合いは薄れましたけどね。ダイヤモンド型フレームなら自分で乗り込んだデータから、ワンオフの自分仕様を作りやすいですが、ミニベロは特殊形状も魅力ですから、市販車の中から選ぶのが良いと思ってるんです。
      3台のミニベロは市販車改造ですが、その他はオーダー車ばかり乗ってますから。
    • 0
    • 16. butoboso
    • 2020年09月15日 09:11
    • ★えなめいさんへ
      おはようございます。
      えなめいさんはご存知でしたね。関東の工房ですから詳細は分からずとも、その存在を知っている方はベテランだけでしょう。
      ここには載せませんでしたが、オリジナルのラグフレームの広告もありました。ハイテンとクロモリから選べるなんてところからも、かなり技術的には高かった工房と思われます。

      一般工房でベニックスのフレームだけを販売できるとは思えないので、元々こちらでフレームを作って居たのかな!? と思ったわけです。工房でなくショップで市販フレームだけを販売する広告も見ましたが、それは80年代の頃。70年代でそれをやっていた事にも驚きがありましたよ。
    • 0
    • 17. oryzasativa
    • 2020年09月15日 10:11
    • こんにちは

      白馬といえば
      野郎ばかりでペンション(笑)に泊まりに行ってみじめな気分になった思い出があります。

      フレーム工房としての白馬は初めて聞きました。
      以前は自前でフレーム工房を備えた店もありましたが、今はメーカーの商品から選ぶだけになってしまい、面白さが無いですね。
    • 0
    • 18. t-bikes
    • 2020年09月15日 16:42
    • 初めまして、
      モンブラン白馬製作所は、足立区に移り自転車専科になりました
      アルミMTBフレーム等を製作していましたが経営者でビルダーの長沼氏が亡くなり廃業しているようです。
      べニックスフレーム単体販売広告が75年のサイスポ4月号にでています。
      べニックスフレーム製作は茨城県古河の共進で当時山口自転車の工場
      のちにPIE(ピエ)ブランドやショップオリジナル車のフレームを製作していました。
    • 0
    • 19. butoboso
    • 2020年09月15日 18:29
    • ★oryzasativaさんへ
      確かに白馬にペンション村がありましたね。今はどうなったんだろう!?
      ペンション最盛期の頃に仕事で全国ペンションガイドの制作やってました。年々改訂版で数が減って行き、10年ぐらいで販売も止めてしまった苦い思い出がありますよ。
      ペンションって確かに野郎だけで行くイメージは薄いですよね(笑)。

      現代は市販車に乗って喜ぶ時代。自転車趣味そのものが変わってしまいましたよね。
      昔は市販車、セミオーダー車、フルオーダー車の選択肢があったのに今では出来合いの自転車だけで満足して居られるのは何故でしょうか。やっぱりスポーツの道具化してしまった証拠でしょう。
    • 0
    • 20. butoboso
    • 2020年09月15日 18:35
    • ★t-bikesさんへ
      初めまして。当ブログへの訪問&コメントありがとうございます。
      そして求めて居たパーフェクトな答えにも感謝いたします。
      場所も変わり、モンブランの追加名になっていたんですね。MTB、それもアルミフレーム製作ということは90年近くまで営業して居たんですね。広告掲載がなくなった事から80年前に廃業していた!? と勝手に推測したのも大きな誤りでした。
      ベニックスフレームの製作とも無関係でありながら販売だけはしていたと言うことは何らかの関係はあったのでしょうね。
      またひとつ勉強になりました。ありがとうございます!!
    • 0
    • 21. おかけ
    • 2020年09月15日 20:13
    • こんばんは。
      やはりオーダーでしっかりとサイズを合わせたり、使用パイプを考えたりすると自分の理想に近いものが出来上がっていく物なのでしょうか。僕は結局今ある自転車を長く乗り込んで少しずつ対話して、自分自身を自転車の波長に合わせていく事で満足してしまったりしていますし、元々装飾目的のラグや仕様、某国の何々のレプリカ、などの雑誌に載っているようなオーダー自転車が嫌いでちっとも羨ましく思えない人間なのですが、そんな人間でもフルオーダーする価値はあると思われますか?
    • 0
    • 22. butoboso
    • 2020年09月16日 10:19
    • ★おかけさんへ
      おはようございます。
      オーダーの魅力はサイズだけでなくフレームのパイプを選べることもお忘れなく。クロモリだけでも数社のメーカーが複数の肉厚を持ったパイプを用意しています。スケルトンも重要ですが、このパイプを好みの硬さにチョイスすることも可能なんです。
      しかし、それに興味なくラグや仕上げに拘りなく、現状のフレームに不満がないのならオーダーの必要なんてないでしょう。私だって品評会でみんなに褒められたり、雑誌で紹介されるような自転車には興味ありません。自分の乗りやすい自転車が市販車では得られなかったからオーダーしてきたのです。ただ、この歳になり、山へも長期の旅にもでられにくくなった今では気軽にご近所走れる市販車改造自転車で十分満足出来て居ますよ♪  
    • 0
      • 23. おかけ
      • 2020年09月16日 19:44
      • >>22
        ありがとうございます。
        実は最近某雑誌で色々なパイプの特性なんかが載っているページがあり、非常に興味深く眺めていました。よくレイノルズ531が良いとは聞きますが、僕はそんな高価なパイプのフレームに乗ったことがないのでよく分かりません。これから勉強します。
        ただ、オーダーしたいというイメージも実はあったりします。と言ってもラグレス、650A、巻きステイ、ワイヤー外装、ボトルケージ穴二箇所くらいしかまだ希望はありませんが、パイプの選定などは話し合えるショップを見つけたいと思います。
      • 0
    • 24. butoboso
    • 2020年09月17日 15:56
    • ★おかけさんへ
      レイノルズ531は私的にはロード用のパイプと思っていますよ。ヨーロッパの石畳の中を走るようなレースでも耐えるので国内ではツーリング車に組み込む人も居ましたけどね。
      今や孤高の日本産パイプとなったカイセイからも色んなパイプが新旧入り混じって製造され続けて居ますので、現代ではこれを選ぶのが最も賢い選択でしょう。
      今やフルオーダーだとフレームだけで20万ぐらいは覚悟しないといけないのでじっくり考えていきましょう。
    • 0
    • 25. 釣り人
    • 2020年09月17日 20:27
    • こんばんは。
      別館記事、JR西日本 仙崎駅の改札口の写真見て、昔の国鉄 烏山駅を思い出しました。タラコ色キハ40懐かしい。

      一眼レフカメラ持って、出かけたいですがコロナ禍で身動きできないですね。
    • 0
    • 26. butoboso
    • 2020年09月18日 07:33
    • ★釣り人さんへ
      おはようございます。
      JR西日本のローカル区間はまだキハ40、しかもたらこ色の宝庫です♪
      烏山線も末期のキハ40も国鉄復刻カラーでよかったですよね。
      JR東日本はキハ100まで減っていく状況。国鉄時代の気動車も数年後には見られなくなりそうですね(悲)。

      4連休の3日間は仕事になりました。コスモスが綺麗になりはじめたのでご近所散歩がてら撮影に出かけたいのです。
    • 0
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット