旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

オールドスタイルのランドナーに拘る人は多いですが、

オールドスタイルのロードレーサーに拘る人は少ない!?


どちらのオールドタイプの自転車も私は大好きですが、

ならその自転車で走り込むか!?  と言ったらNoです。

実際に今はミニベロでポタすることばかりですし、

たまに200km以上のファストランする時もミニベロ。


流石に山サイの時にはパスハンターの出番ですが、

ガード付きのスポルティーフの出番も減りました。


要は今の自分に適した車種がミニベロと思っているからです。

でも、40年以上も自転車趣味を続けた中で、

時には長期の自転車旅、時にはレース競技に参加してきたので、

結果的に様々な車種が手元にあるのです。


愛車にはそれぞれに思い入れがあるので手放せません。

幸い置き場があったので保管出来ずに手放すことも無かったのです。


写真11

昔はロードに乗っていてもニッカースタイルの人も多かったです。

※写真は30年前に北陸をロードで旅した時の私です


現代は何故か競技に出るの!?  的な武装スタイルで、

ザックなどを背負ってツーリングするロードが増えましたね。

そんなに気張らなくても良いんじゃない!?  と思うのも、

私がそんな走り方を求めなくなってしまったからでしょう。



クロモリロードというと古いイメージしか持たない人は多いはず。

確かに古いホリゾンタルのクロモリロードはクラシカルです。

写真1

写真2

デュラエースEX組のツノダサターンロード。

ペダルはもちろんDDペダル。




写真4

写真5

シュパーププロ組のセマスクルスエタップロード。

ワタナベ製作でラグ周りの仕上げも綺麗です。


もちろんこんな私の愛車は実にクラシカルです。

ただ、競技で人と競わないならこんなロードもありですよね。

少なくともカーボンロードよりツーリング向きです。


こんな80年代のクラシカルロードを想像して、

現代のクロモリロードまでイメージするのは間違いです。


写真6

写真7

写真8

現代のクロモリロードは、アルミ!?  カーボン!? と

見間違えるようなスタイルに変貌しています。


重量的なデメリットは確かにありますが、

7、8kg台の現代クロモリロードなら戦闘力も高いはず。

乗り手次第ではアマレースでは充分優勝も狙えますよね。



写真9

もちろんクラシカルなイメージのラグ付きロードは

今でもオーダーでなら作成可能。

その場合でも最新のロストワックスラグが多数用意されています。


もはやカーボンフレームだからといった特別感はありません。

むしろ今だからこそオリジナルティの高いクロモリロードが

もっと見直されても良いと思うのです。




本日はコメント欄は外してあります。

いつも訪問&コメントくださる方々、ありがとうございます♪




https://cycle.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村

ランキングに参加しています。

よろしければワンクリックお願いしま~す♪