旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

高校1年の夏休みの大半をバイトで過ごし手に入れた富士オリンピックランドナー。

変速機は前後にサンツアーBL(ブラックタイプ)が装着されていましたが、

このBLのFDは素材の問題が露呈して、すぐにインナープレートがボロボロに。


友人のサイクロンはそんな事は起こりません。

VXとサイクロンの中間に位置するBLでしたがFDの不満は増すばかり。

そこで交換したのが、シュパーブFDでした。
 

写真2

写真3

そこから自身のシュパーブ熱は増すばかりです。


シマノデュラエース、サンツアーシュパーブ、

共に国産ロードパーツの最高峰としてカンパレコードを追いかけます。
 

写真1

良きライバル関係として共に性能を上げて行く。

しかし、デュラエース7400系の頃にサンツアーシュパーブ(プロ)は、

メーカーの消滅により、その製品寿命を終える事に。


今回は、そのシュパーブ(プロ)のFDに焦点をあててみました。
 


 

写真17

80年頃のフジサイクルのカタログ。

ロードレーサーのトップグレードのオリンピックORDはシュパーブメカを採用。

しかし、そこに付けられたシュパーブFDは見慣れぬ形状です。
 

写真18

当時は、情報量も少なく、ショップで確認してもよく分からず。

しかし、それが後に幻の初代シュパーブFDだった事を知ります。
 

写真6

●初代シュパーブFD/重量77gキャパシティ18T

歴代メカで最軽量品の初代FDとなりますが、

軽量化のためのアルミガイドプレートに強度不足が見つかり、

改修されたとの事ですが、複数が改修されずに出回っているようです。

この写真の品もその中の一つです。

資料ではキャパシティ18Tとありますが、実際は14~16Tと推測します。

※明らかに2代目よりもガイドプレートが短い



 

写真7

●2代目シュパーブFD/重量100gキャパシティ18T

サイクロンFDと同じくスチール製ガイドプレートに変更。

本体ボディは初代から変わっていないようです。

一般的に初代シュパーブFDと呼ばれるのはこのメカとなります。

私が最初に購入したシュパーブ製品となります。

82年頃の購入時、実売3500円と記憶します(サイクロンは3200円)。



 

写真8

●3代目シュパーブFD/重量90gキャパシティ18T

こちらも幻の初代FD同様、流通の少なかったメカです。

シュパーブプロFDをベースにしたというより、

サイクロンマーク2FDをベースにしたものです。



 

写真15

義兄弟メカとして、スギノ75FDもありました。

 

写真16

シュパーブFDは2代目モデルにカラーバリエーションも存在。

これはプロンズカラー、他にブラックやブラウンもあったようです。


次はシュパーブプロFDを紹介します。


写真9

●初代シュパーブプロFD/重量82gキャパシティ14T

シュパーブプロはロード用に特化したFDとして誕生します。

PCD144、52×42Tがロードレーサーの標準ギヤだった頃、

キャパシティを14Tに抑える事で、小型軽量のFDとなりました。

初代シュパーブプロRDに合わせるようなデザイン意図が見られます。

※写真のモデルはオープンクランプバンドの限定品となります

 

写真14

このFDからエンドレスクランプバンドを採用し、

シュパーブ(プロ)、サイクロンマーク2、スプリントのFDが

着せ替え人形のように簡単に交換が可能となります。

しかし、強度的には少し問題があったようです。



 

写真10

●2代目シュパーブプロFD/重量82gキャパシティ14T

空力を意識したエアロデザインになった2代目シュパーブプロRDに

合わせるようにFDもMCします。

刻印部分がプリントになりコストダウンとも思えるデザインに。

人気は今一つだった2代目シュパーブプロの前後変速機ですが、

歴代で一番多くの派生バリエーションが存在し、

メカフェチな人には、魅力的に思えたメカシリーズです。
 
 

写真19

写真はグレーメタとホワイトグレーのバリエーエーションモデル。



写真11

●3代目シュパーブプロFD/重量92gキャパシティ16T

一貫性のあったこれまでのシュパーブFDから一転して、

ヨーロッパレースの舞台でも闘える実践的なスタイルに。

最後のシュパーブ(プロ)FDとなり、8年近い生産期間は、

歴代モデルの中で最長寿ながらもバリエーションは一切なし。

今思えば、サンツアーの経営の危機が現れていたようです。


 

写真12

カンパレコードに対するスーパーレコードのように。

シュパーブにはシュパーブプロがありました。
 

写真13

今やサンツアーの存在すら知らないロード乗りは多いです。

かつてシマノデュラエースと双璧を成す存在だった、サンツアーシュパーブ。

今でもこの製品に魅了されるベテランサイクリストは多いのです。


【参考資料】デュラエースFDの歴代比較

http://butoboso0217.livedoor.blog/archives/581804.html

【参考資料】サイクロン&シュパーブFメカ

http://butoboso0217.livedoor.blog/archives/581669.html






https://cycle.blogmura.com/ranking.html
にほんブログ村

ランキングに参加しています。

よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

 コメント一覧 (16)

    • 1. TAKOぼん
    • 2019年06月25日 09:57
    • こんにちは
      純粋レーサー部品って 格好いいですね
      ツーリング用は 遊びが大きく シフト感覚とかシビアじゃないのが多いですからね~。
      その点 あまりいじったことないですが レーサー部品は 繊細 
      これで何時間も走るのだから ロードって 過酷だな~と
      それが競技なんでしょうけれど・・・ 
      今は 誰が何しようと 簡単にシフトしちゃう それも 進化の形なのだとは思いますが・・・
      最後らへんの シュパーブプロは 尖がった折り鶴みたいな造形ですが 当時は格好いいと思いました。 
    • 0
    • 2. oryzasativa
    • 2019年06月25日 12:34
    • 私見ですが、
      後年、このように語られ惜しまれる部品は、現行部品群からは出てこないのでは、と思います。
      現行部品を見てもワクワク感が無いです。
      最近のり始めた人は違うかもしれませんが。

      走れれば何でもいいのですが
      どうせなら好きな部品で組みたいですね。
    • 0
    • 3. butoboso
    • 2019年06月25日 15:47
    • ★TAKOぼんさんへ
      シュパーブFDってロード用のくせに、サイクロンと同キャパシティでした。
      へそ曲がりな私はみんながサイクロン付けたがるので、シュパーブを選びハマりました♪
      お金があればジュビリー欲しかったですが、シュパーブの倍の値段では無理(汗)。

      この時代は、シュパーブもデュラエースもツーリング車に取入れられましたから、積極的に使ってましたよ。耐久性高かったので!! 今のデュラを組み込んだらすぐ壊れそうです(苦笑)。
    • 0
    • 4. butoboso
    • 2019年06月25日 15:53
    • ★oryzasativaさんへ
      無くなって惜しまれる可能性が高いのはサンエクシードぐらいかもしれません。
      5ピンクランク、ストック分を購入しちゃいました(苦笑)。

      昔の高級品は、性能だけでなくガタが出難いタフな造りだったので、キャンピング車やパスハンターに積極的に組み込んできました♪ 今のパーツは仕上げもデザインもトホホすぎます…いくら性能がよくたって造形が悪ければ欲しいと思えませんよね。
    • 0
    • 5. ものぐさ
    • 2019年06月25日 17:16
    • こんにちは。 sasuraino 88cacao ですが字数が多く面倒なので改名しました。                            当時はサイスポ読者でしたのでシュパーブ発売の特集記事を見ました。アルミプレートのFDは実物を見たことが無く、プロトタイプだと思ってました。私がランドナー用に買ったのも鉄プレートでしたがプレートが大きく主張し過ぎるのが好きになれず短期間でストックに格下げに、後はサイクロンのブラックに落ち着きましたが、もうどちらも手元にはありません。断捨離に負けました。                 シュパーブプロのFD(ノーマルバンド止めタイプ) はデザイン、性能共に今も気に入っており現役です。FDはズボンの裾が摺れるのでプリントレターだと長く使って消えてるをよく見ますね、やっぱり彫り込みの初代シュパーブプロが一番お気に入りです。
    • 0
    • 6. butoboso
    • 2019年06月25日 17:39
    • ★ものぐささんへ
      シンプルな名前の方が覚えやすいし書き込みしやすいですよね。
      私もライブドア以外では「ぶとぼそ」で通していますよ(苦笑)。

      幻の初代FD、回収されたといっても店頭に残っているモノだけでしょう。たぶん売られてしまった僅かな品が時々出回るのだと思います。未使用品はとんでもない高値になっているようです。
      仰る通り、プリン文字は駄目です……今時のレーザーマッキングなら消え難いですが、この頃の品は汚れを落とす為にゴシゴシやってると消えてしまって。
      細かい事ですが、アームの部分のSの文字も初期に近いものは刻印ですが、後期のモノはプリントにされてます。あからさまなコストダウンと思いますよ。
    • 0
    • 7. 釣り人
    • 2019年06月25日 18:58
    • こんばんは。初代シュパーブFDスチールモデル懐かしいです。
      初代シュパーブプロFD、ガイド部に「S」マーク!これもまた懐かしい。
      デュラエースEXばかり使っていた人が多く、サンツアーシュパーブ
      少しシマノデュラエースEXより値段が安くて良かったです。

      BSグランヴェロFRRシュパーブモデル、カッコ良かったです。
    • 0
    • 8. butoboso
    • 2019年06月25日 19:33
    • ★釣り人さんへ
      グランヴェロ、デュラ仕様とシュパーブ仕様の2種を用意していましたね。
      さすがBS!! と思いながら広告を眺めていましたよ♪

      定価はシュパーブの方が高かったりするのに、実売はデュラの方が高く、市販車に取付けられる場合は、デュラ仕様がフルコンポなのに対して、シュパーブ仕様はブレーキがグラコンにクランクがスーパーマイティだったりして価格を下げていたのもよく覚えています(苦笑)。

      今日は外回りのついでに少しだけ5Dで撮影してきました。ボケは綺麗ですが、その重さに肩が凝ってしまいました。自転車のお供はやっぱりオリンパスが良いです(汗)。
    • 0
    • 9. 輪行菩薩
    • 2019年06月25日 21:55
    • こんばんは。
      butobosoさんの写真はサイスポパーツカタログよりもうまいですね。
      どうやって撮影されたのか想像できません。
      FDはシマノよりサンツアーのほうが性能はよかったと思います。
      最終型のシュパーブプロは直付けタイプがなぜか格安で出回っていたのでRDシュパーブテックと組み合わせて使ってます。
      私の中で、シュパーブというと非常にかわいそうな運命をたどったシュパーブテックになります。故河合淳三氏とシュパーブテックの話をつまみに一杯やっていたのを思い出します。
    • 0
    • 10. butoboso
    • 2019年06月25日 22:47
    • ★輪行菩薩さんへ
      昔のサイスポカタログはきちんと部品撮影をしていましたが、最近のは全てメーカーから提供された画像をそのまま掲載しているだけ。ようするに手抜きになっていますよ。
      昨今、スマホに慣らされた方は、写れば何でもOK的に適当な画像原稿をよこされて後作業が大変だったりします……。
      シュパーブプロの最終型とXCプロのFDは高性能ですね。ヤフオクに出回っている品、サンツアー倒産時に大量に払い下げされた品のようですね。当時はまだ直付けの人気は低かったので大量に残されていた品なのでしょう。
      河合さんは私らファン以上に、サンツアー消滅を無念に思われていた事でしょう(悲)。
    • 0
    • 11. 釣り人
    • 2019年06月25日 22:59
    • 富士オリンピックORD、片倉シルクR2、丸石エンペラー、ザ・ミヤタ
      BSグランヴェロ以外にカッコ良かったロードたち。

      真紅のオリンピックORD、当時は本当にカッコ良かったです。

      一度、PENTAX K-1をカメラバッグに入れて撮りに行きましたが
      28-105ズームレンズでも重かったです。
    • 0
    • 12. butoboso
    • 2019年06月25日 23:30
    • ★釣り人さんへ
      今、新しい5dでの撮影記事をまとめ終わった所です。明日公開します。
      ボディ・レンズで1.5kg近い重さはサイクリングでの携帯は厳しいです。若い頃は全く苦になりませんでしたが、もう無理です(苦笑)。

      80年前後の頃の市販車は、何処も力が入っていましたよね。
      ラインナップもミキストからトラックレーサーまで幅広かったですし。
      オリンピックのロードはレッド、オリンピックのランドナーは藤色。それがフジサイクルのイメージにもなっていましたね♪
    • 0
    • 13. 完覇!超記録!!
    • 2019年06月27日 15:23
    • こんにちは!
      これだけ揃うと圧巻ですネ~(凄)
      私はサイクロンからスタートしました~最初のシュパーブは初代PROのエンドレスクランプ式!と言うか、エアロパイプに対応した直付け用として入手しました。まさに当時モノ!38年ぐらい前に購入し、一部メッキが剥げ使用感もそれなりですが現在でも健在です!!
      最初期の軽合プレートモデルの存在は驚きでした・・・当時はエピソードを知らず、入手した後に改めてその貴重さに気付きました!流石にコチラは使う事が出来ずそのままストックへ・・・
      使い尽くしたのと、珍しくて使えないモノ・・・双方とも同様に時を経て、良い酒の肴として存在していてくれます~(笑)
    • 0
    • 14. butoboso
    • 2019年06月27日 15:38
    • ★完覇さんへ
      半年後の引っ越しに向けて少しずつ整理しているですが、シュパーブ系は中々手放せずにいます(苦笑)。
      エンドレスクランプは直付けと共用できるというコンセプトでもありましたよね♪
      サイクロンマーク2と同時発売だった初代シュパーブプロ。サイクロンがプリント銘柄でコストダウンしたのにシュパーブプロはRDとセットで使っても違和感のない凝った造りでした。
      シュパーブネタはまだ隠し球が数本用意されています。こういったコアなパーツネタが出来る方は少ないので、完覇さんのライブドア移行、大歓迎なのです〜!!
    • 0
    • 15. しろブタ
    • 2019年11月26日 20:22
    • こんばんは。
      初代シュパプロってパスハンに最適なんですよね。軽いし、踏み込んでいてもよく落ちるし。エンドレスクランプも強度上の問題はなく(取付・再取り付けはとっても面倒ですが)、019クラスのパイプでも問題なく取り付けられ・・・それなりのストックももっており、今でも使ってます。ちなみに同じエンドレスクランプで着せ替えしても、MK2やスプリントは羽根の長さゆえの撓みやパンタ精度が低いようで思ったように変速できませんね。結局、初代シュパプロに戻ってしまいます。ちなみに刻印シュパプロ、メッキの質が悪いんですよね。プリント仕様になってからは良くなりましたが。
      なお、流石に初代シュパーブ(アルミ版)はデッドストックでとても貴重で使えません。
      ところで、BLってそんなに悪いですか?1983年に購入したFUJIのNEWWESTについていたブラックライン、今でも使用しているのですが。まー通勤車に使用しているXC-PROの方がBLよりは切れがいいですが。
      と殆どの車種でフリクション時代のサンツアーしか使ってません(笑)。
      以前、貴殿よりヤフオクで譲っていただいた初代サイクロンは未だ使用できていません。変速はあきらめておいた方がいいんですかね・・・・
    • 0
    • 16. butoboso
    • 2019年11月27日 13:57
    • ★しろブタさんへ
      まずはヤフオクでの取引有り難うございました。
      そして、当ブログへの訪問&コメント、有り難うございます♪
      シュパーブブロは初代のキャパシティ14Tに驚かされましたね。それまで16-18Tが一般的でしたから。私は初代はレース参加車両に取付けていましたがキレの良さを気に入ってましたよ。まぁその前に使っていたのが初期ジュラだったので性能の違いは明白だったのですが(苦笑)。
      今パスハンには最終型のシュパーブプロを使っていますが多少キャパシティがオーバーしていても見事な変速性能にニンマリしています。エンドレスクランプは不評でしたが何の問題もなかったです。フレームにキズが付く何て悪評もありますが、普通のバンドだって傷つくし、キズの無いフレームなんて乗り込んでいれば有り得ませんよね。

      BL、性能が悪い訳では無いんです。ランドナーのトリプルギヤを難なくこなしていましたから。ただ、ガイドプレートがすぐにボロボロになってしまい見かけがよろしくなかったのです。初期のチェーン切らなくても簡単に外せたタイプです。ニューエストに付いていたのは後期型でしたよね。こちらの耐久性は使っていないので何とも言えません。
      ファイネストの後継のニューエスト、懐かしいです!!
    • 0
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット