旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

写真500

月曜に横浜中心部に仕事で出かけた時は国道16号を走ります。

この道はウチからだと下り基調なのでスピードに乗りやすい反面、

路面は狭く荒れていますし、信号が多いのです。


この日は平日には珍しく前方を走るロードを見つけます。

そのポジションと上半身のブレからまだロードに不慣れな感じ。

追いついたということは私より巡航スピードが遅いはずです。


時速25km前後でしたので、無理せず車間を開けて追走。

後ろから他の人の走りを観察するのも嫌いではありません。

これが女性ロード乗りだったら多少の問題もありますが(苦笑)。




写真501

最初の印象通り走行ライン取りも不慣れな感じ。

信号停車時は横幅の広いトラックやバスがいてもフラフラ前に出る。


この場合、再び青に変わった時に大型車は自転車を抜くのに

ストレス抱える事が多いですから、無理に前に出てはいけません。

狭い道路ならそういう配慮が危険を減らすのです。


その点は経験して覚えていく事でしょうが、

このロード乗りの方、やっぱりやってしまいます。

赤信号、左右をキョロキョロして信号無視です!!!!

これは絶対にいけません。


さらに歩行者信号分離の交差点では、

赤だから車両である自転車は停車が原則。

しかし、ここでもスルスルと歩行者信号が青になった途端走り出しました。


挙句に後ろから大型車が迫ってくるのを嫌がってか、歩道を走り出す始末。

これが一般のシティサイクル(ママチャリ)ならまだしも、

ロードでこれをやっていたら自転車を壊す危険性も高いです。


結局信号無視を重ねてもすぐに私が追いつくパターンです。

きっと彼は後ろから自分の走りが見られているとは気がついていないはず。

最後は歩道に入って歩行者に引っかかったところで抜きました。


その後、今度は私の後ろを追走してきたみたいですが、

荷物背負ったカゴ付きミニベロの後ろに張り付いてどうするの!?


もっと走り込んで様々な状況に対応できるようになって欲しいですね。

信号無視は絶対ダメ!!  ですが。




写真502

趣味のサイクリング車乗りの信号無視って、

誰も見ていないからやるのかな!?

でも、大抵はクルマのドライバーたちは見ています。

だから車道走る自転車を敵視する人も増えてしまうのです。


たかが、自転車と思われてはいけませんし、情けない。

行動を走る車両に上下関係はありませんから。


専用競技施設で体を動かすスポーツと違って、

自転車は公道全てがフィールド内。

周りに好感持たれろとまでは言いませんが、

周りを不快にさせる走り方には注意しましょう。




本日はコメント欄は外してあります。

いつも訪問&コメントくださる方々、ありがとうございます♪




https://cycle.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村

ランキングに参加しています。

よろしければワンクリックお願いしま~す♪