旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

サドル3

古典ツーリング車乗りの間では今でも革サドル神話が語り継がれます。

「一度尻に馴染んだ革サドルは一生物」

これ本当なんでしょうか!?

少なくとも自身の経験では一生どころか10数年しか保ちませんでした。




サドル7

30数年前、ブルックス派とイディアル派に二分化された革サドル。

私はペガサスパスハンターにイディアル90サイン入りをチョイス。

確かに良いサドルでしたが手入れが必要なのと雨天時はカバー掛けが必要。

そのサドルカバーが夏場だと蒸れるんです。


TOEIパスハンターに乗り換えた後もしばらくサドルはイディアルのまま。

しかし、表面にヒビが入ってきてしまい、交換することにしました。




サドル6

革サドルの手入れの面倒さから解放されたパスハンターのサドル。

レース競技をしていた頃から好きなメーカーであった、

セラ・サンマルコリーガルサドルです。

両国のいちかわさんに残っていた旧モデルです。


鋲打ちのクラシカルデザインが良いのです♪


ロールスとコンコールを足して2で割ったようなスタイル。

このリーガルはすでに20年使っていますが問題ありません。

昔より乗り込んでいない証拠でもありますけどね(汗)。




サドル1

サドル2

その後、KHSミニベロやデ・ロードのロードにも、

リーガルを使用するほど自分の尻に馴染んでいます。


仕事の合間に最近はポカポカ気温のサンルームで

自転車弄りをしたり、読書したり。




写真204

車歴30年を超えるロードとスポルティーフ。

コンコールとロールスのサドルは色素が抜けて茶色になってきました。


革サドルは黒でなく、ブラウン(茶色)が好みです。

しかし、黒の革サドルを使い倒して色素抜けの茶色にする事に、

革サドルの魅力を見出す先輩サイクリストも昔いました。


サドル選びはサイクリストの永遠の課題です。

革だろうが、そうでなかろうが、サドルのヤレ具合を見ると、

その人の走り方が透けて見えてきますよね。




本日はコメント欄は外してあります。

いつも訪問&コメントくださる方々、ありがとうございます♪


https://cycle.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村

ランキングに参加しています。

よろしければワンクリックお願いしま~す♪