旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

写真3

育ち盛りの息子の自転車は友人8氏の息子さんからのお下がり。

子ども用自転車は悩ましいです。

服や靴と同じように、成長によって使えなくなるからです。


次男坊だった私は、小さい頃から兄のお下がりばかりでした。

それが子供心ながらに嫌でしたが、我慢してきました。

自分の子どもにはなるべくお下がりは止めよう!!

そう思ってたら、うまく男女と分かれたので、お下がりなし。


ですが、自転車だけはお姉ちゃんのお下がりで乗り方を覚えます。


昔は補助輪付きの自転車が当たり前でしたが、

今はそんな自転車はあまり見かけず、

キックスケーターのようなペダルなしの自転車でバランス感覚を養い、

そこから、すぐに補助輪なしの自転車に乗る子どもが多いのです。


ウチの子ども達2人も、ペダルを外した自転車から始まり、

慣れて来たらペダルを取付ける方式で乗れるようになりました♪


そんな訳で、息子の自転車だけはお下がり続き。

もちろん整備や清掃をきちんと行ってから乗せていますから、

息子は不満どころか、満足してくれているようです。


しかし、そのお下がりの自転車もだんだん窮屈になってきました。

もう少し乗り続けてもらう為に用意したのが、こちらです。
 

写真1

ロングサイズのシートピラーです。

元々付いていたものは短すぎて、すでにMAXラインギリギリ。


ホリゾンタルなフレームなら、これでも良いのですが、

スローピングなフレームにこのピラーはいけませんよね。


これでサドル高はもう少しごまかせそうですが、

当然脚も長くなっている訳ですから、何れはクランクも交換……、

という訳にはいかないので子供車の泣き所。


BBハンガーが低い位置にあるので、クランクを長くすれば、

走行中に路面でペダルを擦る可能性がありますから危険です。

※コレは子供車に限らずミニベロ全体に言えますが……。


あと2年ぐらいでこのミニベロからも卒業になりそうですね。


ちょっとオチがありまして。

この交換前のシートピラー、ノギスで計り30.9mmと判断します。

ピラーに刻印はあるようですが、擦れて消えてしまっていたのです。


届いたピラーを差し込むと、アレっ!?  キツイ……。

ネットで色々と調べて出て来た結果、サイズは30.8mmでした!!


えーっ!!  30.9はよくあるサイズですが、30.8mmって何!!!!


何も0.1mm刻みで作る事ないですよね……。


昔はイレギュラーもありましたが、スチールパイプは、

26.6、26.8、27.0、27.2mmあたりが一般的。

0.2mm刻みでしたから、間違える事はありませんでした。


アルミ、カーボンとパイプの材質が多岐に渡ると、

シートピラーまで互換を無視したサイズが乱立しているようです。


0.1mmぐらいならヤスリで削れば何とかなります。

その作業は息子の手でやらせる事にしましょう。

愛車の整備は自分の手で。

それが出来ねばソロサイクリング出来ませんからね。
 


 

シートポストと呼ぶか、シートピラーと呼ぶかで、

自転車歴が透けて見えて来るような気がします。
 

写真5

ロードバイクなんて曖昧な言葉とともに、自転車用語は乱れ、

アメリカ読み的な製品が一気に増えてしまいました。
 

写真4

そして、スローピングフレームが主流になると、

シートピラーもどんどん長くなっていきましたね。

(左からデュラ7400エアロ、7400ノーマル、日東65、デュラ7410)


更にはカーボンフレームの特殊形状に合わせた専用ピラー。

メーカーが責任もってリペアパーツを供給し続けてくれれば良いですが、

ピラーが壊れたおかげでフレームも使えなくなる。

そんなケースも今のカーボンロードでは起こっているようです。


1万円で売られる自転車が使い捨てのように使われる。

これと同じように高額な自転車までそんな流れになっては困りますよね。


自転車旅や鉄道旅、旅全般は別館サイトで掲載中です。

お時間の許す方は、下記のサイトをご覧ください。

https://butoboso.blog.fc2.com/?index&share=44537



https://cycle.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村

ランキングに参加しています。

よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

 コメント一覧 (16)

    • 1. 釣り人
    • 2019年07月04日 10:21
    • シートピラー、0.1mm刻みとは、エンドユーザーに優しくないような。
      ウチのはクロモリ鋼フレームで26.8mmが多いです。

      最近の自転車は長いシートピラーが多いですよね。
      カーボンフレームの場合、シートピラー締め付けでトルクレンチ使わないと、記事に書いている通り、シートチューブにクラックが入りダメになってしまうとか。

      僕のVOGUEロード、カンパのエアロシートピラー入れています。
    • 0
    • 2. 完覇!超記録!!
    • 2019年07月04日 10:37
    • おはようございます!
      先日、ウチの団体が主催しております子供向けの自転車教室~今年度から初参加の中学生、とんでもなく身長が高いのですが、まったくの初心者と言う事で、安定して走れるマウンテンタイプの自転車(競技場向けにタイヤは細いヤツに換えてあります)に乗せました!
      てっきりロングピラーが付いてると思ってましたら、ほぼノーマルサイズ!300㎜にも満たない長さでした・・・慌てて別な自転車のロングピラー(27.2)に換えようとしたところ径が合わない~(汗)
      何とかその場は取り繕い、次回までに手持ちのロングピラー(30.9)に換装しようと目論んでいましたが、某巨大企業の自転車なので合わないかも知れないですネ(大汗)
      もう一件、巨大企業のカーボンレーサーを買ってもらってる生徒、フレームの形状からピラーが下がり切らず、切断して体系に合わせたという事ですが、成長に伴い大きくなった今ではピラーを上げられなくなっちゃいました・・・専用品なので相応のピラーが手に入れば良いのですが~(脂汗)
    • 0
    • 3. butoboso
    • 2019年07月04日 10:52
    • ★釣り人さんへ
      カンパのエアロピラー!! 欲しかったですが高くてデュラのエアロピラー使ってます。
      最近のクロモリロードは27.2mmが多いですが、昔は26.8か27.0でしたよね。
      少し前にツノダロードのピラーを交換。てっきり27.0と思ってたら26.8でした!!

      今時のマニュアル見るとトルク値が書かれていますよね。クロモリ時代の感覚トルクはNGなんて面倒くさい整備を強いられますよね。それに、ロング走っていると途中でシート高の調節をします。出先でトルクレンチ持ち運べって事ですかね(汗)!!
    • 0
    • 4. butoboso
    • 2019年07月04日 10:59
    • ★完覇!超記録!!さんへ
      ウチと同じパターンですね!! なぜあんな短いピラーを標準にするのでしょう(汗)!!
      30.8なんて売ってるの!? と思ったら、さすがカロイには揃ってましたね。
      他にも数点ありましたが、専用品のようなピラーで高額でした。
      息子の自転車、22インチHEというサイズも悩ましく、メーカーは売りっぱなし。整備して長く乗り続けてね!! といった意気込みはあまり感じられないのです。

      巨大企業だから互換持たせてほしいのですけど、これも売りっぱなし精神なんですかね。カーボンロードのピラー、ここまで専用品ばかりにされると後に困るユーザーがたくさん出てくると思いますよ!!
      インテグレーテッド方式でしたか、アレも市販車にはNGだと思ってます!!
    • 0
    • 5. TAKOぼん
    • 2019年07月04日 11:18
    • こんにちは
      ハイテン アルプスの1本シートピラーにあうものを やっと手に入れました。
      2本セット?で 1000円ほどでしたが・・・ 一本は 娘の自転車に使いました。
      26.0なんですが 25.8だと緩くて回ってしまい、 アルミ缶でシムを作りいれていましたが それでも緩む。ただ 26.0は逆にきつくて入らないので 最後は力業で 叩き入れました。 やっと グルグル回るサドルから解放されよろこんでいます。 これって 29.0のピラーだったのかな? サドルとピラーが一体式のやつで 既製品とは合わなかった物です。
    • 0
    • 6. INTER8
    • 2019年07月04日 12:21
    • お疲れ~
      ピラー径ゆるい方じゃなくて良かったね。アルミフレームだと締まりが悪いから。
      子供の成長はあっという間だね。もうこの自転車が小さくなっちゃったんだ。次は26HEか700Cかな。
    • 0
    • 7. oryzasativa
    • 2019年07月04日 13:33
    • そう、育ち盛りの子供の自転車は
      替えていく必要がありますね。

      うちもロードレーサー(しかも旧部品)を 
      組んであげたのに、荷物が積めないからと
      アサヒのママチャリに乗るようになってしまいました。

      ところでFC2へのリンクですが
      「機能していません」となり
      飛べません。システム障害でしょうか。
    • 0
    • 8. マーベリック
    • 2019年07月04日 15:01
    • 「次男坊だった私は、小さい頃から兄のお下がりばかりでした」・・・
      長男である私にも良く理解で出来ます。
      しかしながらその対価は家庭に生まれ育った兄弟模の範的人物にあるべき長男として常に矢面にさらされてきたことも御理解賜りたいと存じます。
    • 0
    • 9. 輪行菩薩
    • 2019年07月04日 15:59
    • こんにちは。
      スローピングフレームは小は大を兼ねるみたいな感覚で、ロングシートピラーで対応しているのを多く見かけますが、ピラー自体もたわみますし、クランプ部分にかかる荷重も大きくなるので良くない傾向だと思っています。
      とは言え、子供車は乗り換え時期が難しいですよね。クランク長さはいくつですか。子供車の場合、127mmの次が152mmしかないなんてこともありますよね。140mmがあれば親切ですけどね。
    • 0
    • 10. butoboso
    • 2019年07月04日 16:06
    • ★TAKOぼんさんへ
      ハイテンフレームのピラー径は細いですよね。ウチの営業ミニベロも25.8mmです。
      娘さんの自転車、まさかの25.9だとしたら焦りますよね。25.9はカロイでもないでしょう(汗)。
      たかが0.1mmの違いでもしっくり来ない……当たり前ですが、自転車パイプの精度って高いですよね。サドルが動くのって気持ち悪いです。無理やりでも押し込めて良かったですが、固着も怖そうですね。
    • 0
    • 11. butoboso
    • 2019年07月04日 16:11
    • ★INTER8殿
      30.8なんて全く頭に無かったよ!! デジタルノギスで計っても30.9だったんだけどね。
      ジャイアントは最大手なのに、何故こんな中途半端なサイズにしたんだろう!?
      でも、この自転車はよく出来ていると思うよ。無印良品な子供車なんて弄る気も起こらない造りだしね。最初の娘の自転車がそんな品だったんだ(汗)。

      いやいや、次は大人用の20インチかな=オレのお下がり(笑)。
    • 0
    • 12. butoboso
    • 2019年07月04日 16:32
    • ★oryzasativaさんへ
      あぁぁ、親の心子知らず状態ですね(悲)。
      でも、今の子どもってそんな感覚なのも分かります。荷物乗せられない自転車は不便との感覚は、自転車が趣味の乗り物と認識していない証拠ですしね。
      私らの幼少期の自転車が宝物とは違いますよね。

      FC2繋がりませんか!? ウチのPCからはリンクされてました。でも、少し前からFC2不安定です。時々マイページでもエラーが出ているのです。一時のヤフブロを思い出します(苦笑)。
    • 0
    • 13. butoboso
    • 2019年07月04日 16:40
    • ★マーベリックさんへ
      長男の方には失礼な物言いでしたかね。お許し下さい。
      長男の重圧と縛りは理解していますよ。大人になってしまえば次男坊の方が自由なのは確かですから。私らの子ども時代だと、まだ長男が家を継ぐって感覚が高かったですよね。
      だからそれ相応の育て方を親はしてきたんだと思います。
      跡継ぎ、後継者問題、だんだんそれが身近で現実的な問題になってきましたよね。
    • 0
    • 14. butoboso
    • 2019年07月04日 16:45
    • ★輪行菩薩さんへ
      ズバリですね!! さすが設計者だと思います。
      息子の自転車も152mmです。乗り始めた頃はクランク長過ぎ!! 見ていてスムーズにペダリングが出来ていなくて可哀想でしたよ。今は丁度よくなりましたが、こちらも何れ短すぎになります。
      スポーツ用途なマイティミニヨンには140や145がありましたよね。子ども車だってある程度売れ行きが見込める商品なのですから140mm前後のクランクを付けるべきでしょう。大切な部分なのに合理化はいけませんよね。
    • 0
    • 15. ものぐさ
    • 2019年07月04日 17:02
    • 【補助輪付き自転車】私には縁のない代物でした。高度経済成長のおり、厳格な父親から、此からは車が増えて危ないから自転車には乗ってはいけないと言い含めら、三輪車さえも買ってもらえない子供時代でした。自転車で遊ぶ友に置いて行かれぬように駆け足でついて行く毎日でした。小学四年の秋、祖父が父親に内緒で22インチの赤い中古(横玉無し)を買ってくれました。あの時は、女の子用の恥ずかしさよりも嬉しさが勝ってましたので平気でしたね。いつもピカピカに磨いてました。日曜日の朝からひとりでこっそり練習している所を友達に見つけられた、その瞬間に乗れましたわ。2時間程の出来事でした。子供の成長は早く五年生になると先の自転車では小さくなり、24インチ変速付きの青色(中古)を買ってもらえ、目眩く?サイクリング人生の幕開け~。
    • 0
    • 16. butoboso
    • 2019年07月04日 22:33
    • ★ものぐささんへ
      昔は今以上に明確に男の子は青、女の子は赤と分けられていましたよね。それは子ども用自転車も例外なく。
      危ないから乗るなと言われても、好奇心旺盛でもある当時の男の子にとって自転車は必須アイテムでしたよね。だから親の目を盗んでも乗りたがる。そして、それがオートバイに変わっていく仲間も多かったです(苦笑)。

      小学校高学年にもなれば体力も付いて来ますから、より遠くに走れる自転車が欲しくなるのも必然な流れ。今の子ども達はゲームに夢中ですが、私らの場合は、それが自転車だったのかもしれませんよね♪
    • 0
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット