旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

カテゴリ: オールドパーツの誘い

BS グランテック

古いパーツの調べものをするために、 いつも使っているサイスポオールカタログ84/85。  この頃が掲載点数はピークだったと思っています。 今のオールカタログとは違い、店舗に流通しているパーツも掲載。 従って、現行パーツだけでなく旧型パーツも多数載っているのです。 …
続きを読む
白黒カラーのデュラエース!!

それまでシルバーが当たり前だった自転車パーツに、 1973年発売のカンパスーパーレコード初代RDメカが、 白黒カラーのスペシャル感ある製品を投入。 それを真似るかのように国産メカも限定品で白黒カラーを発売。  このデュラエースEXのRDもそのひとつです。 初代サイクロ …
続きを読む
シュパーブとシュパーブプロ

材質加工に限りの合った時代、 メーカーは少しでも耐久性高めながらの軽量化に努力します。  一見すると同じようにしか見えない初代シュパーブのリアディレーラー。 しかし、片方はノーマル、片方は軽量バージョン。 「SUPERBE  PRO」 いかにもスペシャルな響きのある「 …
続きを読む
サンプレVSユーレー 

近年、自動車産業の細分化が統合によりメーカーやブランドの消滅。 クルマに対して自転車は遥かに小さな産業。 今や国内で販売される趣味の自転車パーツの大半がシマノ製品か、 台湾や中国生産の無印良品的なパーツばかりになってしまいました。 パーツブランドの選択や異 …
続きを読む
昔の軽量パーツは穴だらけ!!

今の自転車はカーボン素材のおかげで軽量化も容易くなりましたね。 でも、軽量化=耐久性に劣るといった図式は昔も今も変わらず!?  少し前のメカですが、画像のカーボンパンタ採用のカンパコーラスは重量186g。 最新のカンパスーパーレコードでも181g。 最新のデュラエース …
続きを読む
初代デュラエース!!

以前も書いてますが、ライブドアに引っ越し後は初めてなので(汗)。 初代デュラエースは「ジュラエース」と呼ばれていました。 今でもベテランさんの中には「ジュラ」と表現することも。 初代ジュラの発売された頃は、私はまだ小学生。 なのでデュラエースを意識しはじめた …
続きを読む
サンツアーのシフトレバー

   シマノがSISで本格的なインデックスメカを発売する前は、  シフトレバーと変速機のメーカーが違うなんて事は当たり前。  デュラエース7400のSISはWレバーインデックスから、  ブレーキレバーとシフトレバーが一体化してSTIレバーへ。   インデックスに消極的に …
続きを読む
今日の逸品42/サンツアーシュパーブFDの歴代比較

高校1年の夏休みの大半をバイトで過ごし手に入れた富士オリンピックランドナー。 変速機は前後にサンツアーBL(ブラックタイプ)が装着されていましたが、 このBLのFDは素材の問題が露呈して、すぐにインナープレートがボロボロに。 友人のサイクロンはそんな事は起こりませ …
続きを読む
MKS 似て非なるペダル!!

先日ミカシマの往年の名ペダルを手に入れました。 それはユニークロード。 昭和のクロモリロード乗りの方には馴染みあるペダルでしょう。 「極東プロエース」、「ミカシマユニークロード」、 国産ペダルの最高峰として良きライバル関係でもありましたよね。 …
続きを読む
オフメガミストラルの衝撃!!

デュラエースAXに始まったエアロパーツ旋風により、 ロード系パーツの大半が「ノッペリ、ツル!!」的な 味気ないデザインに変わってゆくようになりました。 それは良くも悪くもロードパーツの進化に繋がります。 対してツーリングパーツはMTBパーツに置き換わられ …
続きを読む