旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

カテゴリ: オールドパーツの誘い

カンパ50周年記念レコードコルサセット23万円

この土日も仕事でしたが、昨日15時以降は自由時間に♪ブログお友達のぱぱろうさんとようやく初対面できました。ご近所に住んでいて、8氏と走ることもある健脚サイクリストです。今時のランドナー乗りはあまり距離を走らない(走れない!?)イメージがありますが、ぱぱろうさん …
続きを読む
幻のシュパーブFD !!   たったの5ヶ月販売

国内にシマノデュラエースに対抗できるメカがあったことを体感した人も今や30年以上前から自転車趣味を続けるベテランサイクリストに限られるようになりました。サンツアー(前田工業)はシマノ同様、ヨーロッパチームに機材供給して数々の勝利に貢献しています。もちろん、 …
続きを読む
レアな品の数々!!

限定生産のレアパーツ、売れずに僅かな数しか市場に出なかったレアパーツ。長いこと自転車趣味続けているので色んなレアパーツを見てきました。サンツアーシュパーブプロ・ラージハブとシュパーブ・ハイローハブ。ともに限定品でした。ロイヤルグランコンペ400・ゴールド&ブ …
続きを読む
シルバーパーツを引き立つブラック塗り!!

サンツアーサイクロンもシュパーブも最初期の頃はオールシルバーでした。ところがネーミングの部分が黒塗りに(墨入れ)となることでパーツ全体が引き締まって見えます。オールブラックパーツは嫌いだけど、こういった部分的な黒塗りは好みでした。ジュラエースよりもサンツ …
続きを読む
スギノマイティコンペとサンツアーシュパーブ

初代シュパーブは前田工業(サンツアー)が吉貝機械金属(ヨシガイ)、杉野鉄工所(スギノ)、三信松本製作所(サンシン)、三ヶ島製作所(ミカシマ)の協力の下で誕生させたロードパーツです。シマノデュラエースと真っ向勝負で70年代から90年代半ばまでヨーロッパメーカー …
続きを読む
国内自転車製造が最盛期の頃!!

今の中高年が少年・青年だった頃は、日本が自転車製造大国として絶頂期を迎えた頃でもあります。サイスポには今では考えられないほどの国産メーカーの広告。これらの殆どが日本国内で製造されていたのですから、現代の自転車産業の国内の斜陽ぶりとは比べものにならず。モノ …
続きを読む
ツノダのキャンピング車!!

今の中高年サイクリストの中でも昔から乗るベテラン勢の方は、ランドナーブームに影響を受けた人も多いことでしょう。ランドナーブームは70年代半ばから80年代後半頃。要するに15年前後のブームでしたが、その影響力は絶大でした。若い頃に自転車に魅入られた人が多かったか …
続きを読む
杉野エアロマイティ

マイティコンペ、スーパーマイティ、マイティツアー。スギノの最上級グレードであるマイティシリーズは、現在でも形を変えてラインナップされています。しかし、その中でも異端な存在となったのが、80年代のエアロブームの中で誕生したエアロマイティ。PCD144時代のクランク …
続きを読む
カンパ・デュラ・シュパーブ!!

メインで走り込む愛車にはインデックス機構のメカを使用。でも高性能を引き換えにデザインが崩れてしまった近代メカは、趣味性と所有欲は低くなってしまったように思う。                      カンパレコード                    …
続きを読む
マイティコンペとカンパレコード

雨続きのこの2日間は、某雑誌の懸賞品小物の撮影をしていました。もちろん仕事ですよ。その合間に秘蔵パーツの写真撮影も進めているのです(苦笑)。写真左からサンツアーシュパーブ、カンパレコード、スギノマイティコンペティション 。70~80年代のクランクでPCDはともに14 …
続きを読む